漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

赤髪の白雪姫13巻60話のネタバレ感想

  コメント (0)

LaLa2014年12月号の赤髪の白雪姫60話の感想です♪
第60話はおそらくコミック13巻に収録。
13巻の発売日は2015年4月ごろだと思います。

赤髪の白雪姫13巻60話のあらすじ【ネタバレ注意】

リリアスへ到着した白雪とリュウ。
鈴が白雪たちを出迎え、部屋まで案内してくれます。
白雪とリュウは隣の部屋。
ふたりは荷物をほどくと、天幕街へ早めの夕食に出かけます。
食事をとりながら、ふと思い出したようにリュウは、オビは来ないのか確認。
白雪は、オビはゼンの側近だからと答えながらも・・・
「私も実は少し思ってました」
「さすがに少し寂しくなります」
と、ちょっと残念そう。

翌日、鈴に薬学の館へ案内されるふたり。
ざわざわ
もともと有名なリュウに加え、前回来た時に白雪まで有名になってしまい、注目の的になってしまいます。
その状況を見た白雪たちは一旦足を止めると、群衆の方へ向き直し、
「ウィスタル城薬室から研究員兼リリアス薬剤師として参りました」
「白雪と申します」
「・・・リュウです」
「よろしくお願い致します」
しっかりと挨拶。
リリアスの研究員たちから、大歓迎で受け入れられます。

「ちょっといいかな」
白雪たちの前に若い男性が現れます。
鈴は無視して先へ進もうとしますが・・・
男性は食い下がるとイキナリ腕を出し、なぜか白雪に腕相撲を挑んできます。
意味が分からないまま、それに応じると・・・
白雪の圧勝・・・
そして、なぜかそのまま付いてくる男性。

シダンの研究室へ通される白雪たち。
シダンと久しぶりの再会の挨拶を交わします。
シダンの助手の女性を紹介されます。
名前をイヅル。
さきほどの腕相撲の男性(カザハ)を含め、このメンバーがリリアスでの仕事仲間になるようです。


白雪はゼンにもらった時計に、
「ゼン・・・」
「明日からだ・・・」
「がんばるよ・・・」
と、語りかけ眠りにつきます。
「うわあ!!?」
夜中、リュウの悲鳴で目が覚める白雪。
白雪が駆けつけると、リュウはなんでもないということで再び眠りに。

翌朝
仕事場へ向かう白雪たちの前に、お面をかぶった男が。
「リュウ坊」
「窓閉めてくれたかい」
そう言いながらお面を外すとオビの顔が。
「ひらっと来たよ」
「お嬢さん」