漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

赤髪の白雪姫18巻85話のネタバレ感想

      コメント (2)

LaLa2017年5月号の赤髪の白雪姫85話のあらすじと感想です♪

85話はおそらくコミック18巻に収録されると思います。

赤髪の白雪姫18巻85話のあらすじ【ネタバレ注意】

広間

部下やタリガと共に、侵入者を打ち払うゼン。しかし、みな顔が青ざめ、徐々に動きが鈍くなっていきます。

(薬がまわったか・・・)
(オレとタリガどのも時間の問題・・・)

「薬・・・」

ゼンはハッと何かに気づき、タリガに駆け寄ります。

「タリガ!」
「眠らせる薬を持ってるなら」
「逆は!」
「持ってないのか!?」

ゼンの言葉にギョッとするタリガ。

「え?」
「ありますが・・・」
「す」
「凄まじいですよ」

できれば避けたいようですが、そんなことを言っている場合でもなく、2人はひどく苦い顔をしながら気付けの薬を飲み下します。

「これでなんとかもたせろ」

ゼンが部下達にも薬を渡そうとしていると・・・

ギン

その隙を突いて、トウカが襲いかかってきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ゼンとトウカ

どうにか攻撃をしのぎ、トウカと対峙するゼンとタリガ。そんなゼン達を、トウカは冷たい目で見つめます。

「ご苦労だったな」
「タリガ」
「お前たちも次期ウィランと城主も」
「消したのち代わりをあてる」

勝手なことを言い出すトウカに、ゼンが語りかけます。

「・・・トウカどの」
「貴殿はベルガット家が保有する地の町を歩いたことがあるか?」
「各地を管理する者達の顔と名は一致するか」
「自分のまわりの者達はどうだ」
「タリガどのとツルバどのの剣の癖や字の形は」
「覚えているのか?」

ゼンの問いかけに対し、トウカは無表情のまま沈黙。

「支配するだけか・・・?」
「そうまでして権力を取り戻してどうしたい」

トウカはうつむき、顔色を曇らせます。

「・・・そこからすでに」
「お前たちは間違っている」
「己のものを奪われたら」
「お前は取り戻そうともしないのか?」

怒りの表情を浮かべるトウカ。

「私のものだ」
「初めから」

トウカの話を聞き、ゼンは何を言っても無駄だと悟ります。

「それはお前のものではなく」
「お前が」
「守っていくものだったんだろうが」

ズバッ

ギイィン

ゼンがトウカの肩口を斬りつけるもの、動きの鈍ったゼンは逆に剣ごと跳ね飛ばされてしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ゼン

剣が飛ばされ、丸腰で地に膝をつくゼン。ハアハアと息をきらせるゼンに、トウカが静かに近づいてきます。

(もたせろ)
(信じて)
(自分で決めて動いたんだろう)
(切り抜けろ)
(あいつらに)
(背負わせるな)

ゼンが最後まであきらめず、もがこうとしていると・・・

「ゼン様」

跳ね飛ばされたゼンの剣を拾い、ミツヒデと木々が駆け寄ってきます。

「すまん」
「少しまずかった」
「来てくれると思ってたぞ」

ゼンの言葉に軽く笑みを浮かべる木々。一方、ミツヒデは・・・

「ミツヒデ・・・どの・・・!」

近寄ってきたタリガをゾッとするような形相で睨みつけ、タリガは息を呑みます。

「ゼンはここに」
「奴らは通さん」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ミツヒデvsトウカ

ゼンに代わりミツヒデがトウカへ立ち向い、それをトウカが迎え撃ちます。

「もう用はない」

トウカの剣を腕と脇で挟み込むようにして防ぐミツヒデ。

「・・・用はある」

ミツヒデの脇腹から血が滲み出してきます。

「ゼン様は・・・」
「それほど大きな力は持っていないし」
「出来る事にも限りがある」
「ただ人一倍この王国と」
「関わってきた人達のことが好きなだけで」
「・・・それが強みだ」

澄み切った表情で、トウカへ語りかけるミツヒデ。

「オレと木々がいなければ容易に操れると思っていたなら」
「致命的な見当違いだ」

ミツヒデがトウカの身体を押しのけ、ミツヒデの剣がトウカを斬りつけます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

赤髪の白雪姫18巻85話の感想【ネタバレ注意】

ゼンはピンチでしたけど、ミツヒデと木々がギリギリ間に合いました(^o^)

木々はまだ何となく余裕がある感じでしたけど、ミツヒデは怒り心頭って感じで怖かった~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

きっと罠にハマってゼンの近くにいられなかった自分自身や、ゼンを傷つけようとする者への怒りでいっぱいだったんでしょうね。

あと、ミツヒデがゼン様って呼ぶのは久しぶりに聞いたような(笑)確かゼンがそう呼ばれるのを嫌がって、それから公式の場とか以外ではずっと呼び捨てにしてたんじゃないかな。

友達のように冗談を言い合ったり、からかったりする2人ですけど、やっぱミツヒデにとってゼンは尊敬の対象なんでしょうね。白雪とか木々とかオビとかもそうですけど、ゼンの周りはみんな対等な目線で話せるけど、お互いがお互いを尊敬しあってる感じで、すごい羨ましい。

ミツヒデが言ってたように、それがゼンの強みなんだろうなあと思います。タリガ達も、そんなゼンにだんだんと惹かれていってましたし。

あとはトウカですけど、どうなっちゃうんだろう。最後ミツヒデに一撃くらってましたけど、ミツヒデは剣の達人なので、きっと致命傷は避けてるんじゃないかな?

トウカが考えを改めてくれるといいんですけど、人から何か言われて考えが変わるような人物にも見えないんですよねえ(笑)

これで終わるのか、まだひと波乱あるのかよく分かりませんけど、みんな無事でいてくれるよう祈ります。