漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

赤髪の白雪姫18巻90話のネタバレ感想

      コメント (4)

LaLa2017年10月号の赤髪の白雪姫90話のあらすじと感想です♪

90話はおそらくコミック18巻に収録されると思います。

赤髪の白雪姫18巻90話のあらすじ【ネタバレ注意】

出発

この日、リリアスへ出発する日。ゼンとオビが待ち合わせ場所で待っていると、馬に乗って白雪が颯爽と現れます。

「ね!」
「ゼン!」
「練習してたんだよ密かに」

とても嬉しそうに笑う白雪。しかし、ゼンは口を半開きにしたまま固まってしまいます。

自分の後ろに白雪を乗せていくつもりだったゼンは、その夢が叶わぬことを悟りガックリします。

「・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・な」
「並んでいくるな」
「リリアスまで・・・」

そして、いよいよ3人はリリアスへ向かって出発。行程は順調で、途中の町に立ち寄って昼ごはんを食べます。

「そういえば」
「リリアスに付いたら」
「何か見たいものとか食べたいものとかある?」

楽しくご飯を食べながら、白雪がゼンに訊ねます。

「まず」
「リュウだな」

ゼンの返事に、オビと白雪は真顔に。

「・・・残念ながら」
「食べられないと思いますよ主」

「そっちじゃない」

昼ごはんを食べると、あとはリリアスへ向かって一直線。3人のその日のうちに、リリアスへ到着します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌朝

翌朝、ゼンとオビの部屋に白雪がやってきます。オビはもう起きていますが、ゼンはまだベッドの中のようです。

白雪の顔を見たオビは、思い出したようにバッグからペンダントを取り出します。これは、白雪から借りたままになっていた煌晶石のペンダント。

オビは、白雪の首にペンダントをかけ、貸してくれたお礼を伝えます。

「何かに使えた?」
「今後の参考にするよ」

「学者方の参考になるかは分からないけど」
「ばっちり使ったよ」
「そしつのお陰で・・・」
「主達のところに行くのに間に合ったってところかな」
「あとミツヒデさんの伝言がわりとか」

その時のことを思い出すように、オビが答えます。

「持ってて意味があった?」

「勿論!」
「お嬢さんが持たせてくれた時点で十分に」

満面の笑みを浮かべるオビ。そんなオビの顔を見て、白雪も嬉しそうに微笑みます。

「かがんでオビ」

「え?」

白雪は自分の首からペンダントを外すと、オビの首にかけます。オビは驚いたような表情に。

「差し上げます!」
「もらってほしい」
「ああいう時に・・・役に立ったのなら」
「オビが持ってた方がいいものだよきっと」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

オビ

ペンダントを明かりに照らし、ジッと見つめるオビ。

「お嬢さん」
「前に」
「ここの傷跡の事 訊かれたけど」
「オレはさ」
「自分の怪我とか無事に戻るとか」
「そういうのに頓着がなかったんだよ」
「それが損だと思った事もなかったしね」

オビはポツポツと語りだします。

「長いことそういう感覚だったオレですら」
「今回あんたが」
「俺たちの無事を知った時の顔を見て」
「ああ」
「大怪我しなくて良かったって」
「思ったよ」
「ただいま!」
「無事に戻ったよお嬢さん」
「かな」

そう言って、オビは気恥ずかしそうに笑います。

「うん」
「おかえりオビ」

そんな話をしていると、となりのベッドで寝ていたゼンが目を覚まします。

「主」
「主」
「似合います?」

自慢気にペンダントを見せつけるオビ。そんなオビの顔を見て、ゼンも嬉しそうに微笑みます。

「さすがだなが白雪」
「夜オビを見つけるのに重宝しそうだ」