漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

アカメが斬る!14巻70話のネタバレ感想

  コメント (7)

ガンガンjoker2016年5月号のアカメが斬る!70話のあらすじと感想です♪

70話はおそらくコミック14巻に収録。14巻の発売日は2016年7月ごろだと思います。

アカメが斬る!14巻70話のあらすじ【ネタバレ注意】

中庭

「ひ」
「ひいいいいい!!」
「アカメだああああ!!」

残りの標的を追い詰めたアカメとレオーネ。しかし、その前に護衛の帝具使いが現れます。

帝具使いの後ろから逃げていく標的をレオーネが追いかけ、アカメが帝具使いに挑みます。

ガンガンと剣を合わせるアカメ。

(まだこれほどの奴が残っていたのか)

帝具使いはかなりの腕前のうえ、さらに中庭に仕込んだ罠を次々と繰り出してきます。しかし、その罠もなかなかアカメには通用しません。

「手強い!」

アカメの実力に感心する帝具使い。

「しかし!」
「そんな貴方でも・・・」
「あの帝具を持つ大臣は倒せないでしょう?」

(・・・!)
(こいつ)

帝具使いの言葉にハッとするアカメ。そして、ダッと帝具使いに向かって斬りかかります。

「な!?」

アカメの予想外の動きに反応が鈍る帝具使い。

「葬る」

あっという間にアカメが斬り捨てます。

大臣の帝具というのはただの時間稼ぎ。本当は毒ガスの罠を仕掛けていたのを、アカメが瞬時に見抜いたようです。

タツミvsエスデス

その頃、城壁の外では、タツミとエスデスが戦っています。

(刃を交えるたびに強くなっていく・・・!!)

「素晴らしいぞタツミぃ!!!」

タツミの強さに狂喜するエスデス。

ドオオオオオン

エスデスの特大の一撃がタツミを直撃します。

「まだいけるだろう!」
「立て!!」
「もっと楽しませろ!!」

その時、ゴオオオオンと撤退を知らせる合図の鐘が鳴り響きます。

「ち・・・」

エスデスが帝都の方を振り返ると、街は火の海。さらに、エスデスが狙った反乱軍の総大将もとっくに移動しています。

「見事な足止めだったなタツミ!」
「またすぐ会おう!」

革命軍

エスデスが撤退していき、ワアアアアアアアアアという歓声が革命軍に鳴り響きます。みなすでに勝利を確信した様子。

「タツミ」
「インクルシオはまだ着けていられるのか?」

ナジェンダがタツミに寄り添い、身体を気遣いますが・・・

「・・・あぁ」
「むしろ着いている方が心地いいぐらいだ」

それは明らかにタツミと龍が同化している証拠。ナジェンダはタツミの身体が心配になります。

「平和な時代がくればもう戦わなくてもすむんだ」
「あとはマインを護っていけるくらいの力が残ってれば」
「それでいい」
「今日は勝どきあげるまで」
「戦うぜ」

そんなタツミの姿を見ていると、ナジェンダの目に涙が滲んできます。

「タツミ・・・!」
「安心しろ」
「もうこの戦は勝った」
「今頃退却して守りに回っても遅・・・」
「い・・・」

「!!?」

言った瞬間ハッとするナジェンダ。そんなことはエスデスも百も承知のはず。では、なぜエスデスが引いていったのか疑問に感じます。

宮殿

「・・・な・・・」
「なんだ」
「アレは・・・」

その時、宮殿の辺りに馬鹿でかい人型の兵器が現れます。さらに、その兵器からレーザーのような攻撃が放たれると、辺り一帯の革命軍の兵士たちが一瞬で蒸発。

「ぶわっはっはっはっ」

その様子を眺めながら、愉快そうに笑う大臣。

「これこそが帝国の奥の手」
「はじまりにして頂点である・・・」
「至高の帝具」
「護国機神」
「シコウテイザー!!!」