漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

アカメが斬る!15巻75話のネタバレ感想

      コメント (20)

ガンガンjoker2016年10月号のアカメが斬る!75話のあらすじと感想です♪

75話はおそらくコミック15巻に収録。15巻の発売日は2017年2月ごろだと思います。

アカメが斬る!15巻75話のあらすじ【ネタバレ注意】

開戦前の回想

革命軍の医師に肉体強化用の薬物を要求するアカメ。

「ウェイブを見ていけるかもと思ったが」
「相性の問題か・・・」
「帝具二つ持ちはやはり不可能だった・・・」
「私は村雨以外使えない」
「となると残る道は薬物投与しか残ってない」

一度でも使えば感覚を鈍らせてしまう薬物の使用を医師は反対しますが・・・

「その時さえ良ければ私はいい」
「どのみちこれがもう最後の戦いだ」
「エスデスを葬るという私の役目」
「可能性は1%でも上げておきたい」

何を言われようと決意は変わらないアカメ。結局、医師が折れ、アカメはエスデスとの戦いの直前に薬物を使用することになります。

タツミ

懇親の一撃で、シコウテイザーを吹き飛ばしたタツミ。しかし、ついに限界を越えたのか、ズドンと地上へ落下します。

「あ・・・」
「ア」
「ア」
「アアアアアアアアアアアアアアアア」

苦しそうに、唸り声を上げるタツミ。そして、タツミの体をインクルシオが取り込み、巨大な龍へと変化。ゴアアアアアアアアアアアと咆哮を轟かせます。

その様子を呆然と見つめる革命軍の兵士たち。どうにかしてタツミを救いたいものの、どうしていいか分かりません。

(なんとしても助けたい・・・)
(もう命の軽い暗黒時代は・・・)
(終わらせるのだ)

アカメvsエスデス

薬物の力のおかげで、エスデスと互角に渡り合うアカメ。しかし、除々に息が切れ、動きが重くなっていきます。

「そろそろ終わりか」
「即死刀の脅威もあって」
「楽しませてくれたな」
「最後に大暴れした後は」
「別の土地に行きまた戦いを探すか」
「戦いを生み出すか」

アカメにトドメを刺そうと歩を進めるエスデス。

そのエスデスの周りに、突如ナジェンダ率いる革命軍が現れます。

「アカメ待たせたな・・・」
「よくエスデスを食い止めてくれた」
「おかげで包囲と布陣が整った」

10万以上の精鋭と、10人以上の帝具使いを揃えたナジェンダ。百万の兵に匹敵する兵力で、エスデスへ最後の戦いを仕掛けます。

「百万の兵に圧殺されて死ね!!」
「エスデス」

自信満々の様子のナジェンダ。しかし、エスデスも余裕の表情を崩しません。

「たかだか百万ぼっちで」
「私を殺せると思ったのか」
「対軍用の奥の手」
「真の姿を見せてやろう」

空に向かって指差すエスデス。すると革命軍が隔離していた氷騎兵の力がエスデスへと集まってきます。

革命軍vsエスデス

「氷騎兵は数日前からコツコツ作成している」
「つまり数日分貯めていた力の貯金を一気に下ろしたわけだ・・・」
「そして!」
「氷嵐代将軍!!」

集めた力を解放するエスデス。すると、辺り一面に吹雪が降り注ぎます。

「冬将軍という言葉を知っているだろう」
「まさにそれだ」
「この国の大部分を氷雪で覆った・・・」
「この場だけでなく」
「全土にいる貴様等の仲間も倒す」

エスデスは狂喜の笑みを浮かべ、革命軍へ歩み寄っていきます。

(至高の帝具は)
(都市や城を攻撃できる帝具だった)
(だがコイツはこの世界を)
(国土そのものを攻撃している)
(エスデスやはりお前は)
(生まれついての殺戮者だ)

エスデスの力に圧倒されるナジェンダ。

革命軍の帝具使いがエスデスに襲いかかりますが、一瞬で氷漬けにされてしまいます。

「いい顔をしてきたなナジェンダ」
「そうでなくては・・・」
「最強の力に」
「震えながら凍ってゆけ」