漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

アカメが斬る!15巻77話のネタバレ感想

  コメント (18)

ガンガンjoker2016年12月号のアカメが斬る!77話のあらすじと感想です♪

77話はおそらくコミック15巻に収録。15巻の発売日は2017年2月ごろだと思います。

アカメが斬る!15巻77話のあらすじ【ネタバレ注意】

アカメvsエスデス

呪いの力で強化されたアカメを、ゾクゾクするような瞳で見つめるエスデス。

「お前らは邪魔だ!」

エスデスが近くの兵士を斬り捨てようとしますが・・・

猛スピードでアカメが突っ込んできます。

「お前こそ」
「新しい世界に邪魔だ」

エスデスは、アカメの刀を受け止めるので精一杯。

しかし、アカメの一瞬の隙を突き、エスデスが氷の力でアカメを吹き飛ばします。

「こっちが本命だ!!」
「飛べないお前は空で自由がきくまい!」

さらに、無数の氷解をアカメに向かって撃つエスデス。

しかし、逆にアカメを氷解を足場に次々と飛び跳ね、エスデスとの距離を詰めます。

エスデスに向かって、村雨を振り下ろすアカメ。エスデスの指が吹き飛びますが・・・

エスデスは切り口をすぐに氷で冷却し、無事のようです。

「拷問の達人と聞く・・・」
「今まで数多の命を刻んで来たのだろうが・・・」
「今度はお前が刻まれていくんだ」

「そうして私の心をかき乱すのが作戦か?」
「くだらん」
「普通に攻めてこい!!」

エスデスの反撃

氷の力をうまく使い、アカメに反撃するエスデス。

「刻み返す」
「いい戦いだな」
「誰にも邪魔されたくはない!!」

2人の周りを氷の柱が覆います。

外では、ナジェンダが革命軍の立て直しを急ぎます。

(あれだけの強化だ)
(持続時間は短いとみた)
(援護が間に合うか・・・?)

氷の柱に覆われた空間で、剣を打ち合うアカメとエスデス。すると、エスデスが氷の刃をアカメに放ちます。

(被弾した・・・!)
(そうか・・・)
(これは)

これまでよりも、さらに激しく動き回るアカメ。

「周囲を冷却させているな!」

「この寒さでもたいして動きが落ちんとは!」
「やるな!」

何度も打ち合い、だんだんとアカメの息が切れてきます。

(この力も長くは保たない)
(次で決着をつけないと)

アカメの考えをエスデスも察知。

「これで決着だ」

決着

エスデスの体を氷が覆い始めます。そして、あっという間に、エスデスを中心とした巨大な鎧ができあがります。

「これならどうだ」
「どこも斬れまいアカメ!!」

氷を纏ったまま、殴り掛かるエスデス。しかし、アカメは素早い動きでかわします。

(動きが鈍くなっただけだぞ!)

氷ごと砕こうと、思いっきり刀を振り下ろすアカメ。しかし、一瞬で氷の鎧を解いたエスデスが、真剣白刃取りで刀を受け止めます。

「力を込めた分」
「読みやすい太刀筋だな」

そのまま刃先を凍らせるエスデス。

(この厄介な刀は・・・)
(砕く・・・)

村雨は真っ二つに折られてしまいます。

それでも、すぐに走り出すアカメ。エスデスの剣を拾い、エスデスに向かって突き出します。

回避は間に合うかに思われましたが・・・

アカメが宙に舞う村雨の根本を押す出し、エスデスの胸元へ突き刺さります。

「なにっっ・・・!!」

「ここなら手当てもデキまい」

エスデスの最後

ドサッと崩れ落ちるエスデス。

「村雨に・・・」
「気を取られすぎていたか・・・」

エスデスが力なくつぶやきます。

その時、上空へ龍になったタツミが飛んできます。

「・・・タツミ」
「生きていたのか」

しばらく無言でタツミを見つめるエスデス。

「・・・・・・」
「負け・・・だ」

エスデスがスッと立ち上がります。

「死ぬとする」

氷を纏い始めるエスデス。

(この世界で)
(己の欲するままに生きてきた)
(だが・・・)
(お前には一度も振り向いてもらえなかったな)
(それだけが心残りだ)
(タツミ・・・)

エスデスを覆った氷がチリのように砕け散ります。

革命軍

「よくやってくれたアカメ!」

アカメを労るナジェンダ。

「皆の犠牲があってこそだ・・・」
「私一人の力ではない」
「タツミも・・・」
「一応無事だったしな」

そばには、龍になったタツミの姿が。あの後、タツミを触れたアカメが2つの命を感じ、強い方の命を斬り、今にも消えそうだったタツミの命を救ったようです。

「生キテルダケ」
「嬉シイ」
「アカメ」
「ありがとう」
「帰レル」

龍の姿でお礼を言うタツミ。

「お前は私に約束したからな」
「オレは死なないって」
「私はそれを守ってもらっただけだ」

アカメが温かい微笑みを浮かべます。

アカメが斬る!15巻77話の感想【ネタバレ注意】

私の家の近くでガンガンJokerは売ってないんで、ネットで注文してるんですけど、ようやく届きました。メッチャ待ち遠しかったです。

今回で、最後の敵であるエスデスとの決着も着きましたね。どういう風な決着になるんだろう。エスデスには惨めな終わり方はして欲しくないなと思ってたんですけど、エスデスは最後まで男らしくカッコいい終わり方でした。女だけど(笑)

それと、ちょっといびつだけどタツミへの愛情は本物だったと思うので、最期ちょっと切なかったです。

描画はありませんでしたが、龍の部分だけをアカメが斬って、タツミは一応無事みたいですね。でも、このままの姿でタツミは生きていくんだろうか。

それに、アカメの体に模様みたいなのが浮き上がったままだったのが心配です。せっかく生き残ったので、これからはクロメと幸せに過ごしてほしい。

次回は、いよいよ最終回のみたいです。アカメが斬るはテンポがよくてスイスイ進んだ気がしますが、それでも15巻にもなるんですね。最終回、どんな終わり方になるのか楽しみです♪