漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

兄友8巻46話のネタバレ感想

      コメント (0)

花とゆめ2018年2号の兄友46話のあらすじと感想です♪

46話はおそらくコミック8巻に収録されると思います。

兄友8巻46話のあらすじ【ネタバレ注意】

夏の炎天下の下、スマホ片手に外をうろついている秋。

「出ねぇ」
「出ねぇ」
「出ねぇ」
「出ねぇーーーーーーあ゛あ゛あ゛~っクッソーーー!!」
「レアにも程があんぞノコギリクワガターーーー!!」

秋が探しているのは虫集めゲームアプリ(ポケモンGoみたいなやつ)に新登場したノコギリクワガタ。しかし、いくら探してもノコギリクワガタは見つかりません。

その時、そこへ雪鉱と西野さんがやって来ます。すると、雪紘が秋の頭を後ろからギュッと掴みます。

「おいアキ・・・」
「正直に答えろ」
「この炎天下の中」
「帽子もかぶらず一体何時間クワガタ探してた?」

雪紘の静かな声に、ゾッとする秋。

「・・・・よ・・・」
「よじかん・・・?」

秋は、イケメンのマジギレが死ぬほど怖いことをこの時悟ります。

雪紘達に連れられ、秋は帰宅。しかし、ノコギリクワガタを諦めきれない秋がネットで検索したところ、何と本物をノコギリクワガタを捕まえた途端、ゲームアプリでもゲットできたという怪情報が。

信憑性には欠けるものの、秋は可能性に賭けることに。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

翌日、雪紘と西野さんに付き添われ、山へやってきた秋。秋を放っとくと、また炎天下で無茶をしそうで、雪紘達が馴染みの山へ無理やり連れてきたようです。

「熊が出るかもしれないから気をつけろよ」

「・・・冗談・・・ですよね?」
「ねぇ」
「なんとか言って下さいよ!」

秋はまたいいようにからかわれながら、雪紘の後を付いて行きます。

「夏だし肝の冷える話でもするか」
「この山なんだが昔からちょっとおかしくてなぁ・・・」

「やめろっつってんだろーーーー!!」

そんな話をしながら、山を登っていくと、程なくしてクワガタスポットへと到着します。

雪紘に促され、あたりの木を思いっきり蹴る秋。すると、麦わら帽子の上に、ポトリと何かが落ちてきます。

秋は麦わら帽子をとると、そこにはお目当てのノコギリクワガタの姿が。秋は、しばらくポーッとそれを見つめると・・・

「ギャアーーーーーー!!」
「む・・・っ」
「む・・・っ」
「虫だぁーーーー!!?」

「そりゃ虫だろ!?」
「何だお前クワガタ苦手だったのか!?」

本物のクワガタを見たことがなかったらしく秋は大絶叫。そんな秋に、西野さんは逆に驚いてしまいます。

すると、その時・・・

「大物発見!」
「大物発見!」
「タッチしてくれ!」
「タッチしてくれ!」

秋のスマホのアプリが反応。

「あ・・・」
「あ・・・」
「・・・やっ・・・」
「やったぁーーーーっ!!」

念願のノコギリクワガタが表示され、秋は見事ゲットします。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

帰宅

ノコギリクワガタをゲットし、帰っていく3人。

「熊が出てくるのを避けるためにも」
「この山の怪談話の続きをするか」

「なんでだよもういいよ!」
「今のこの幸せな気持ちを壊さないで!!」

雪紘がまた怖い話をしようとするのを察し、秋は走って逃げていきます。

「熊といい怪談といい」
「秋をからかうのに余念がないよなぁお前」

また呆れた様子の雪紘に・・・

「冗談なのは熊だけだけどな」

「へーーー・・・」
「え?」

その夜。クワガタをゲットし、秋がホクホク気分でゲームサイトを覗くと、今ノコギリクワガタの遭遇が0%になっているバグが発生しているとのお知らせが載っています。

「・・・って」
「・・・来たけど・・・?」

今日ゲットしたノコギリクワガタを画面に表示させる秋。

「・・・・・・」
「・・・え?」

秋は雪紘の話を思い出し、冷や汗が流れてきます。