漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

青夏6巻25話のネタバレ感想 – 2015年10月号

      コメント (0)

別冊フレンド2015年10月号の青夏25話のあらすじと感想です♪
25話はおそらくコミック6巻に収録。
6巻の発売日は2015年12月ごろだと思います。

青夏6巻25話のあらすじ【ネタバレ注意】

理緒と吟蔵

唇を近づけてくる吟蔵。理緒は目を閉じ、きゅっと体を固くしますが・・・何も起こる気配がありません。

「・・・・・?」

恐る恐る目を開ける理緒。すると、吟蔵はポンと理緒の頭を撫で・・・

「そいじゃ」
「帰り気をつけてな」

ポカンとしながら「うん・・・っ」と答える理緒。

(あれ・・・)
(しないの?)

翌日

いつものように店番をしている吟蔵。するとお父さんがスイカを持って帰ってきます。理緒が熱中症になったらしく、お見舞いに行ってくるよう言われます。

その頃、部屋でひとりおとなしく寝ている理緒。寝ていると昨日のことを思い出してしまいます。今の自分と同じく吟蔵の手も熱かったことを思い出す理緒。

(すごく近くて)
(吟蔵の匂いだって)
(わかるくらい・・・)
(なんで)
(やめたの)

部屋

コンッ

その時部屋の襖がノックされます。吟蔵が訪ねてきたようです。

慌てて身なりを整え、吟蔵を部屋に入れる理緒。軽く話を交わしながら、吟蔵は心配して理緒の頬へ手をやります。

理緒は吟蔵の手を取ると・・・

「なん・・・」
「・・・キ」
「キス」
「しないの?」

絞りだすように呟きます。もうすぐ夏が終わることを感じる理緒。

「あたしのこと本当は」
「そんなに好きじゃない・・・?」

顔を真っ赤にしながら、這いずるように吟蔵へ身を寄せます。そして、吟蔵にピッタリと密着しようとしたその時・・・

ズルッ

力が抜け、そのまま気を失ってしまいます。吟蔵は苦しそうに眠る理緒を抱きか抱えながら・・・

「そんなわけあるか」
「アホ」

青夏6巻25話の感想【ネタバレ注意】

んー、まさかあそこでキスしないとは(゜o゜;

理緒も悲しそうですたね。理緒はもうすぐ夏が終わることを感じて焦っているようですが、逆に吟蔵はその後のことまで考えてるのかな~

とりあえず夏休みの間は付き合うことになりましたが、その後どうするかは決めてないですし。もし、夏が終わったらお別れだとしたら、安易にキスしたりするのは・・・とか考えてるのかなあ。そうだとすると吟蔵は誠実ですごくいい男ですね♪

夏休み終わってもそのまま付き合っちゃえと思ってしまいますが、高校生ぐらいだとそう簡単にはいかないかもしれませんね。

とりあえず理緒の熱中症が治るまでは何もないと思いますが、その後吟蔵がどうするのか楽しみです♪