漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダイヤのAのネタバレと感想最新371話!御幸と三島の対決の結果は・・

  コメント (0)

今回のダイヤのAは1回の表1アウト1、2塁で4番の御幸の打席からです。
370話のネタバレはこちらからどうぞ。
スコアリングポジションにランナーがいるとめっぽう強い御幸ですから、先制点を上げることができるか期待しちゃいますね!
では、早速ダイヤのA371話のネタバレをどうぞ。

ダイヤのA371話のネタバレ

以下、各シーンごとのダイヤのA371話のネタバレです。

哲と原田の会話

哲「初めて4番を任された時は力みまくったな」
原田「新チーム結成からしばらく打率上がんなくてよ」
青道と稲実のキャプテンで4番を打っていた二人の会話。ふたりとも4番への期待やプレッシャーが強く、それに応えるためにバットを振りまくっていたようです。
しかし、原田は御幸はプレッシャーを感じるようなタイプではないと思っているみたいです。 まあ、御幸も実は練習試合では全然打ててなかったんですけどね。

御幸の打席

御幸(久々にノリが先発だし先取点ぐらいプレゼントしてやりたいよな)
沢村「みんなが見てますよ。どうか男になってつかさい」
沢村は相変わらずうるさい。。。
初球はアウトローいっぱいの球を見逃し。 三島いい球を投げますが、轟監督は前のバッターの時にそれを投げろという反応。
2球目はフォークが外れて、1ストライク1ボール。 御幸を怖がらずに勝負にいっている三島。
その鈍感さが三島の武器かもなと轟監督。 珍しく三島が評価されてますね(笑)

勝負球

三島(ピンチっつーのは試練なんかじゃねえ。自分を成長させてくれるご褒美)
ものすごいポジティブ思考!
3球目は低めにいい球が来ましたが御幸はジャストミート。 センター前にヒットかと思いましたが、三島がくるりと半回転してグラブに当てます。
こぼれた球をすぐにセカンドに送って、1-6-3のダブルプレー。
グラブに当たったのは完全にマグレですが、三島を打ちとった三島の投球は素晴らしかったです。

川上がマウンドへ

みんなから激励を受けてマウンドへ登る川上。
川上(お前らにそれ言われんのが一番プレッシャーなんだって・・・)
同じ投手陣の沢村と降谷の言葉が一番ノリには効いてるみたいです。 でも、いい感じに気合が入っている印象です。

一番秋葉の打席

川上(この日の為に準備はしてきた。あとはぶつけるだけだ!!気持ちを)
川上の気合の乗った球がインコースに決まって1ストライク。
次はいよいよ解禁したシンカーのサイン。ここでシンカーを印象づけて、轟の対戦を有利に運びたいという思惑があるようです。
ここでダイヤのA371話は終了。
ダイヤのAのネタバレ第372話へ続きます。

ダイヤのA371話の感想

今回は三島が光ってましたねえ。
なんでもポジティブに捉える思考がすごかったです。雷市と真田という投打に絶対的な存在がいるのに、エースで4番になると公言している男ですからね。
現実では身体的な才能よりもこういう精神力の強い人ほど成長しますよね。
実は三島はネタキャラかと思っていたんですが、これは今後薬師の主役に登りつめるような展開もあるかも。。。なんて思いました。
普通はないんですけど、ダイヤのAはその辺けっこうリアルですからね。