漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダイヤのA380話のネタバレ感想 – 川上と雷市の二度目の対戦の結果は

  コメント (0)

今週のダイヤのAは380話です。
前回は雷市のピッチングがすごかったですね。今回はその轟雷市が先頭打者として登場しますよ!
場面は4回裏の薬師の攻撃、2-0で青道がリードしている状況です。

ダイヤA第380話のあらすじ【ネタバレ注意】

雷市を打席に迎えすごい声援が鳴り響きます。
川上の初球は体に当たりそうになるぐらいインコースに外れます。川上の打席でも雷市が危険な球があったので、お返しとばかりに盛り上がる先輩たち。
2球目はインコースのスライダー。しかし、これもワンバンドするほどのボール球。稲実の鳴宮たちは、意識しすぎて力んでいると話しています。
3球目はアウトローいっぱいにストレートが決まり、これで2ボール1ストライク。
そして、ついにシンカーのサインが!解禁したばかりのシンカーですが、川上のこれまでの気迫を見て、イケると御幸は判断したようです。コースは3球目と同じアウトローを要求。
しかし、コース・高さとも甘く入った球を雷市が強振。打球はライナーでレフトスタンドへ突き刺さります。

ダイヤのA第380話の感想

前回に引き続き雷市が主役の展開でしたね。投げては剛球にムービング、打っては甘いところに入った球は見逃さずにスタンドインと、ちょっと雷市のスペック高すぎでしょ(笑)
でも、前で打席でそうだったように、打たれてもシングルヒット、最悪歩かせてもいいという投球は今の川上ならできるはずなんですけどね。
鳴宮たちが言うように意識すぎて気合負けしているという可能性も考えられます。しかし、前回見せた持ってる選手達への反骨精神や、3球目素晴らしい球がいったことを考えると精神面の問題ではないような気がしますね。
何か体の異変があるのかもしれません。前回の打席で手が痺れた影響が残っているんでしょうか。
痺れぐらいなら大丈夫でしょうが、指の捻挫などそれ以上のアクシデントがあった場合は早くも沢村の登場もありうるのかな?と思いました。
薬師打線は強力なので、ここを踏ん張りきれるのかハラハラしますね!