漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

はじめの一歩1059話のネタバレ感想 – ゴンザレスの最強のスタイル

  コメント (0)

今週のはじめの一歩は1059話です♪
前回の1058話では、一歩の得意の近距離で打ち合う姿勢を見せたゴンザレス。
そのゴンザレスへ、一歩は「全部出しきる!」と飛び込んでいきます・・・

はじめの一歩1059話のあらすじ【ネタバレ注意】

一歩の得意の近距離での打ち合いが始まり、大盛り上がりの観客席。
「惜しいーっ!」
一歩の強烈な右をひねってかわすゴンザレス。
ゴンザレスの手数も徐々に増えてきます。
腕をたたんで器用に打つパンチ。
一歩の固いブロックの穴を見つけて放り込んできます。

「お・・・おいこれ打ち負けているのか?」
目の前の光景が期待していたものと違うことに気づく観客たち。
一歩の膝がグラつき動きが鈍ります。
それでも、まだ声援のあがる観客席に
(すぐに分かる・・こいつには何も出来ないということを!!)

ゴンザレスの狂気の表情に驚く伊達たちボクサー陣。
その狂気の姿は・・・
千堂「死神というくらいやからキサマに・・・」
間柴「どちらかと言えば、尾張の竜沢村竜平に近い」
真理「自分のことは棚にあげるのね・・・」

「リカルドのコピーと言われる仮面は私が被らせた・・・」
ストリートファイトで本能のまま殴ることが見についていたゴンザレス。
被弾も多く強いが脆いボクサーだったゴンザレスへ、リカルドの理知的なスタイルをセコンドが教えこんだようです。
そして、暴力と理性の最強のスタイル
「つまり・・・タガが外れたこの姿・・・!!」

ドガッ!
ガードの上からでもかまわず打ち込んでくるゴンザレス。
いつも一歩がやっていることを、逆にやられていることに気づく観客席。
接近戦でも打ち負け絶望の悲鳴が上がる中、
「ひるむな!くらいつけー!」
鴨川会長だけは必死の声援を送ります。
そして、劣勢のなか右を繰り出す一歩。
「あああ~~っ!!!」

はじめの一歩1059話の感想【ネタバレ注意】

はじめの一歩1059話では、一歩が近距離でも打ち負けてしまいました。まだまだ一歩の劣勢が続きますね・・・
ゴンザレスはリカルドに憧れてスタイルを真似したのかと思っていましたが、セコンドが脆さを克服するために教え込んだんですねえ。デンプシーと大振りで打ち合った時は狂気のみで、今は理性と狂気が噛み合った最強のスタイルってことでしょうか。
伊達さんのモノマネで終わった沖田のように、リカルドの劣化のコピーという疑惑も少し残りつつ始まったゴンザレス戦ですが、全く違いましたね。ちょっとゴンザレス強すぎて、何をやってもかなわないという感じです(笑)
期待は最後に上がった悲鳴。今までの流れなら一歩がやられる流れしょう。でも、前回の最後に全部出しきると言ってたいたのが、まだ何もできてない印象なんですよね。
ここで劣勢をはね返すようなパンチが何か一歩にあったかよく思い出せませんが、何かある・・・と思って次回を期待して待ちたいと思います♪