漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダイヤのA384話のネタバレ感想 – 最高のストレート!

  コメント (0)

今週のダイヤのAは384話です♪
前回の383話では、思うような投球ができない川上が降板。
ついに沢村栄純がマウンドに上がります・・・

ダイヤA第384話のあらすじ【ネタバレ注意】

初球手が出なかった秋葉。
「夏の練習試合とは別人だぜ秋葉・・・」
秋葉も轟監督も練習試合の沢村とは違うことを感じます。
2球目はアウトコースのきわどいところを突きますが、わずかにボール。
沢村のコーナーをいっぱいに使う投球に驚く秋葉。
そして、チェンジアップも頭をよぎります。
3球目はストレート!
詰まった打球がサードへ。
打ちとった当たりですが・・・
わずかにサードの頭を超えてタイムリーに。
勝ち越しを許してしまいます。
若干球が高くいってしまっていたようです。
あまり球威のない沢村のつまらせた打球が内野の頭を超えるのは見慣れた光景。
記者たちも、なぜエースの降谷を登板させないのか不思議がります。

「ツーアウトですよ皆さん!!逆転されてしまいましたがどうか慌てず冷静に!!」
と、いつもの調子でバックに声をかける沢村ですが、目が猫目に。
自分が落ち着けと逆に言われてしまいます。
落ち着かせるつもりのない薬師の轟監督。
2番増田の初球、ダブルスチールを仕掛けてきます。
しかし、増田が手を打った打球はファール。
バッターに集中し、ここで切っておきたい沢村と御幸のバッテリー。
2球目もファール。
ミート力のある増田ですが、厳しいところをついてくる投球を捉えることができません。

チェンジアップを意識した増田のコンパクトなスイングを観て御幸の次のサインは・・・
(スピンの利いた綺麗な真っ直ぐ)
(最高のストレート)
パアンと鳴り響く御幸のミット。
その球のキレに誰もが目を見はります。

ダイヤのA第384話の感想【ネタバレ注意】

384話で沢村も打たれ、ついに薬師に逆転されてしまいました。球が浮いてしまうのは沢村と降谷に共通の課題。まだ克服できていないようですね。ただ、高いと言ってもわずか。川上のアクシデントによる降板で、少し緊張や興奮もあった感じがしますし、今後の投球はかなり期待できそうです。
最後には轟雷市や稲実の鳴宮らも目を見張るようなストレートがきまりました。回転の汚いムービングを磨いた結果、いつの間にかキレイな回転のストレートの威力があがっていたんでしたね。ストレートはピッチングの基本なので、威力のあるストレートが投げられればこれまでとは見違える投球ができるのではないでしょうか。
薬師打線が意識しているチェンジアップとの相性も最高ですね。磨きのかかったムービングに、新しく身につけたチェンジアップと威力のあるフォーシーム(ストレート)を駆使して、最高のピッチングを見せてくれることを期待します♪