漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ひるなかの流星11巻69話のネタバレ感想

  コメント (0)

マーガレット6月5日号のひるなかの流星は第69話です♪
ひるなかの流星第68話で、体育祭の借り物競走で土牛に呼ばれたゆゆか。
ゆゆかに素直になれと伝えたすずめは、自分も手作りのハチマキを渡そうと馬村を探しに行きます。

ひるなかの流星11巻69話のあらすじ【ネタバレ注意】

借り物競走が終了
ゆゆかと土牛のペアは結局ドベ。
6位の旗の後ろに並ぶ二人。
何で自分じゃないとダメなのかと聞くゆゆか。
最近ゆゆかから避けられていると感じる土牛は、
「大抵そういう理由って」
「大嫌いかその逆か2つに1つなんだけど」
「それをハッキリさせときたかったんだ」

ハチマキを手に馬村を探すすずめ
なんとか馬村を発見したすずめは、
「あ・・・あの・・・これ・・・あげる・・・!」
オドオドしながら手作りのハチマキを差し出します。
純粋なすずめの気持ちを受け馬村は、
すずめをグッと抱きしめ、
「かんたんには、はなさねえよ」

再度、ゆゆかと土牛
「なんでそんなこと知りたいわけ?」
と、なかなか素直に答えてくれないゆゆかに対し、
土牛はゆゆかに対する自分の気持ちを語り始めます。
貧乏なのを見られて嫌われたのか、
他に好きなができたのか、
ゆゆかに避けられるたびに不安でみじめになること。
「おろかでしょ?」
寂しそうな笑顔でゆゆかに笑いかける土牛。
そんな土牛にゆゆかは土牛の手をぐっと握りしめ、
「さける理由は・・・」
「大嫌いじゃない方」
ゆゆかの背中にへたりこむ土牛。
「やべ・・・うれしくてしにそう」

学年対抗リレー
馬村を応援しようとするすずめの目に獅子尾が・・・
青森先生のピンチヒッターとして獅子尾が走るようです。
アンカーの位置へつく獅子尾と馬村。
「負けねえから」
と挑発する馬村にたいし
「オレも負ける気はない」
「欲しいから取りにいく」
と獅子尾も返します。
「もうゆずらねぇ」
「こっちのセリフだ」

ひるなかの流星11巻69話の感想【ネタバレ注意】

では、ゆゆかが土牛に告白・・・というか、ようやく素直な気持ちを伝えることができましたね!
最初は軽薄そうな土牛へ反発していたゆゆかですが、最後は自分の不安や情けない内面までさらけ出す土牛に、ゆゆかも素直になれた感じでしょうか。まあ、まだ付き合うことになったわけではないですが、この二人幸せになってくれるといいですね♪
一方、すずめを巡る馬村と獅子尾の争いも盛り上がってきました!
いったい何回気持ちがブレれば気が済むんだという感じの獅子尾ですが(笑)、今回こそはすずめに対する気持ちが固まったかな。まあ、このレースの結果で恋愛の勝ち負けが決まるわけではないでしょうが、ふたりのすずめに対する想いの強さは見れるかもしれませんね。
心情的には獅子尾を応援したいところですが、馬村もとても純粋でいいやつですし、とにかく二人ともがんばてほしいと思います!