漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

アオハライド10巻のネタバレ感想 – 別冊マーガレット

  コメント (0)

アオハライド第10巻のあらすじと感想です♪
前号で、冬馬と付き合い始めた双葉は、とうとうキスまでする仲に。
洸は成海に分かれを告げ、双葉への想いを再確認しますがすでに遅く、双葉と冬馬の関係に焦りをつのらせます。

アオハライド第10巻のあらすじ【ネタバレ注意】

学校からの帰り道、偶然洸と会った双葉。洸と別れた後、空に流れ星が。洸も同じ流れ星を見たらしく、興奮して双葉のもとへ引き返してきます。
なぜ、自分の前方に現れた流れ星を洸が見れたのか。別れた後振り返って自分を見つめていたのではないか。という思いが沸き起こる双葉。その思いを振り切り、冬馬とやっていこうと誓います。
修学旅行で長崎を訪れる双葉たち。
双葉の彼氏は洸だと思っている周囲にいらつく冬馬。一方、洸は双葉と冬馬の関係が気になって焦りがつのります。夜、冬馬と会うために部屋を抜けだしていた双葉を見つけた洸は、思わず引き止めてしまいます。
先生がいたとウソをついて近くの空き部屋へ双葉を引き込む洸。しかし、本当に先生が来てしまい、洸は自分だけ身を表して先生につれていかれます。
洸とのことを冬馬へ伝えるかどうか迷った双葉ですが、けっきょく話すことに。正直に話してくれたことを喜ぶ冬馬ですが、双葉と洸の関係に不安や焦りがつのります。
同じ班の双葉や小湊たちと長崎の街を巡る洸。
双葉と冬馬の関係を気にしつつも楽しい1日をすごしていると夕方に。母の記憶が蘇り夕日が苦手だった洸ですが、みんなで夕日を見てつらい記憶を塗り替えることができ、いい笑顔を見せるようになります。
洸が立ち直る瞬間を目撃し、もう1度巻き直して見たい、この瞬間に留まりたいと思う双葉ですが、流れていく時に寂しさを感じます。

アオハライド第10巻の感想【ネタバレ注意】

アオハライド第10巻は、せつなくなるような内容でした。冬馬と付き合いだしたもののまだ洸が吹っ切れてない双葉と、互いに双葉との関係が気になる洸と冬馬という感じでしょうか。
双葉は冬馬といると楽しそうではあるけど、好きというよりもがんばっているという感じがして、痛々しい感じがしますね。冬馬は洸のことでイチイチ不安になったりイラついたり。もうちょっと、どっしりと双葉が洸を吹っ切れるのを待ってあげれたらいいのになあ。
そして、洸は・・・今頃双葉かよって感じですね(笑)今までいくらでも、双葉と付き合えるチャンスあっただろうと。まあ、でも肉親が亡くなるというツラすぎる思いを共有する成海が現れたのでしょうがないのかな。
しかし、最後にはとてもいい笑顔を見せるようになりましたし。少しずつ母の記憶から立ち直っていって、それが双葉との復縁(?)につながっていくのかなあと期待したいと思います。
アオハライド第11巻のネタバレ感想へ