漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

LDK16巻61話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊フレンド2014年7月号のLDKは第61話です♪
LDK第60話では、夏休みバイト先の店長の子供を預かった柊聖。
子供をかえしたあと、葵は二人の将来に思いを馳せます。

LDK2014年7月号16巻61話のあらすじ【ネタバレ注意】

夏休みが終わり2学期がスタート
いつものように柊聖とは10分時間をずらして登校する葵。
「Excuse me?」
途中、外国人から英語で道を来られてしまいますが、うまく説明できない葵。
しかし、突然現れた赤髪の少年が見事な英語で説明。
お礼を言う葵でしたが、
「Stupid」
と馬鹿にされてしまいます。
そのまま立ち去り赤信号を渡ろうとする少年。
驚いた葵は必死で停めようとすしますが、はずみでズボンがずり落ちてしまいます。
少年は危険かどうかは自分で判断すると怒ります。

不機嫌な様子で登校してきた葵。
今朝の出来事を波留たちに説明。
どうせ高校デビューだろう、
「パンツもいちご柄だったし!」
と噂をしていると、なんとその少年が登場!
葵は人目のない場所へ引きづられていかれます。
何をするつもりかと思いきや・・・
「よく見ろ」
「ラズベリーだ」
とパンツを見せて説明していると・・・
柊聖が現れ胸ぐらをつかみます。

「シュウ・・・?」
「玲苑(れおん)・・・?」
二人は知り合いだったもよう。
再会の喜びもそこそこに、
「アレやろうぜ」
と、何やら誘ってくる少年でしたが、柊聖は
「放課後な」
と教室へ戻っていきます。

学校中で噂になる玲苑
フルネームは久我山玲苑、柊聖のいとこ。
誤解されやすいけど悪いやつじゃないという柊聖。
アメリカにいたころの親友だったようです。

放課後の体育館
玲苑が言っていたアレとはバスケットだったもよう。
互いにダブルクラッチやダンクを決め、盛り上がってくる玲苑。
しかし、部活の生徒が待っているのを見た柊聖は、
「このくらいにしとこうぜ」
「あ?ここで引くのかよ?」
昔に比べておとなしくなった様子の柊聖に怒りだす玲苑。
「女のせいか?」
親父から同じ学校に彼女がいると聞いたという玲苑。
「俺がそいつを見定める」
「これ以上、俺をガッカリさせんな」

LDK2014年7月号16巻61話の感想【ネタバレ注意】

LDK2014年7月号第61話では、前回の最後声だけ登場していた新キャラが姿を見せましたね。
やはり予想通り柊聖の従兄弟だったようです。柊聖もいいキャラしてますが、玲苑はそれ以上にパンチが効いてますね(笑)
柊聖とは親友だったようですが、なんとなく変わってしまったのが気に入らない様子。柊聖もアメリカにいたころは、玲苑みたいな性格だったのかな~
前回の最後に言っていたカタをつけるという柊聖のお兄さんの言葉、それがバスケだったということはないでしょうから、何なんでしょうね。残念ながら今回は明らかになりませんでした。
最後には柊聖が変わったことと女を結び付けられてしまいました。イキナリそこに行くか~ まず、普通アメリカと日本の社会性の違いなんかを考えるだろ~ とちょっと強引な展開のような気もしますが(笑)、玲苑の目的とともに玲苑が葵と今後どう絡んでいくのか楽しみです♪