漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ひるなかの流星11巻70話のネタバレ感想

  コメント (0)

マーガレット2014年14号のひるなかの流星は第70話です♪
ひるなかの流星第69話で、急遽リレーのアンカーを走ることになった獅子尾。
お互いに闘志を燃やす獅子尾の馬村が走り出します。

ひるなかの流星11巻70話のあらすじ【ネタバレ注意】

競り合う獅子尾と馬村。
馬村はなかなか獅子尾を抜くことができません。
いつもすずめを傷つける獅子尾に腹が立ってくる馬村。
(こんなところで負けるか)
馬村が獅子尾に並びかけ、そして抜こうとした瞬間・・・
「が・・・がんばれ!」
僅かな差で馬村が先にゴール。

次のパン食い競争へ向かうすずめ。
どこかうかない表情です。
(とっさに出た「がんばれ」は)
(誰に向けてのものだったのか)

ゴール後の獅子尾と馬村。
すずめは譲らないという馬村。
獅子尾も一度壊れた関係が簡単に戻るとは考えていないようです。
「だからオレも」
「玉砕は覚悟の上だよ」

パン食い競争
圧倒的なスピードで独走するすずめ。
そしてパンに向かってジャンプした瞬間。
獅子尾の姿がすずめの目に入ります。
(あの声援は、誰に向けてのものだった?)
先ほどのリレーのことを思い出すすずめ。
パンをゲットし、ゆっくりとゴールするすずめ。

ゴール後、1位の場所へ行くように言われるすずめですが、
「悪い、こいつ保健室へ連れて行くわ」
ゴールへ向かうすずめの姿がおかしいことに気づいた獅子尾が現れます。
足が痛いようすのすずめに肩をかそうそしますが、遠慮するすずめ。
「こんな時ぐらい素直に頼りなさい」

リレーから戻ってきた馬村。
すずめのレースがもう終わったこと、そのあと保健室に行ったことを友達から教えてもらいます。

保健室
「はれてんな~」
「海南戦のゴリ状態だな」
と、なぜかスラムダンクねたをかます獅子尾。
丁寧に捻挫の手当をする獅子尾。
ふたりは文化祭の時に、獅子尾のたんこぶにすずめが砂糖を塗ろうとしたしたことを思い出します。
「オレあん時なにされるかと思ったわ」
と言う獅子尾の笑顔に、胸がギュッとなるすずめ。
そして、ドアの間から二人の少し切なそうな表情を見つめる馬村・・・

ひるなかの流星11巻70話の感想【ネタバレ注意】

ひるなかの流星70の学年対抗リレーは僅差で馬村が勝ちましたね。
でも、すずめの「がんばれ」っていう応援は、たぶん獅子尾に向かって出たものだったんだろうなあ。
そのあと、すずめが捻挫したのも素早くみつけて保健室につれていきましたし、相変わらず獅子尾は美味しいところを持っていく(笑)
これは、馬村がすずめを惑わすな怒るのもわかるかな(笑)
すずめは、まだ獅子尾への気持ちはあるけど、辛いことは早く忘れたいという感じがありあり。
今回のことで、また気持ちが少しぶり返しちゃうかな。
引き続き、すずめを巡る獅子尾と馬村の争いが楽しみですね♪