漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ベイビーステップ303話のネタバレ感想 – 週刊少年マガジン2014年30号

  コメント (0)

週刊少年マガジン2014年30号のベイビーステップは303話です♪
ベイビーステップ302話では、青井コーチが用意してくれた映像で浅野さんの研究をする栄ちゃん。
そして、いよいよ日本選手権3回戦にのぞみます。

ベイビーステップ303話のあらすじ【ネタバレ注意】

引き続き栄一郎のサービスゲーム
浅野の多用するするスライスを狙う作戦の栄一郎。
サーブをコース重視でワイドに狙って、スライスを打たせます。
(スライスを打たせたら前を取る!)
狙い通り返ってきたスライスに、前へ出てボレーを決める栄一郎。

(時には力任せに…!)
相手はテクニック系であまりパワーのない浅野。
パワーとスピードも有効に使う作戦の栄一郎。
栄一郎のパワーショットが決まり40-0。

(スピードも活かせる展開で勝負!)
強いサーブで崩し、前に出てボレーを決める栄一郎。
(よしっ!これでいい!)
狙い通りの展開で最初のサービスゲームをキープして、1-0に。

浅野のサービスゲーム
スピードをないものの、いいコースに決まったサーブをなんとか返す栄一郎。
浅野は速くて低いスライスを打ってきます。
それもなんとか返した栄一郎でしたが・・・
(しまった前にいる!)
ボレーを決められてしまいます。

(映像と全然違う・・・今まで見た中で一番打ちにくいスライス・・・)
さっきのスライスを打たれる前に、強引に前に出て勝負に行く栄一郎。
しかし、スライスでロブを打つ浅野。
なんとか戻って返すもネットにかかり、0-30。

浅野の強いスピンを返す栄一郎。
センターにスライスを打ってくる浅野。
(これは伸びてくるから気をつけて・・・あれ・・・伸びない!?)
タイミングがずれて栄一郎のショットはネットに。

同じフォームから何種類ものスライスを打たれ困惑する栄一郎。
少し前まで日本のトッププレーヤーだった浅野のテクニックと、それ以上の経験値の差を痛感します。
(でも、はじめから簡単にブレイクできるなんて思ってない!)

(バックのスライスが武器ならフォアを攻める)
しかし、浅野のバック側が大きく空いているのを見て、ここまで空いてたらと狙いますが・・・
素早い動きからバックを打つ浅野。
(読まれた!?…ていうかはめられた!?)
浅野の罠にハマった格好の栄一郎。
しかし、球威のないスライスを見極めようとしますが・・・
(フ…フラット?)
速いフラットを決められ、ゲームカウント1ー1に。
(うん・・・丸尾君は素直でいいね)

ベイビーステップ303話の感想【ネタバレ注意】

ベイビーステップ303話では、浅野さんのサービスゲームで栄ちゃんがいいようにあしらわれた感じでしたね。
あさすが元日本ランクトップ10に入っていた浅野さん。
1,2回戦までの相手とはちょっとレベルが違う感じですね。
前日に映像で研究ししっかり対策を立てていたはずですが、昔以上のスライスを打ってきていましたし、浅野さんの技術は本当に全盛期を超えているのかもしれません。
しかも、長くやっている分経験も確実に以前よりも上ですし、かなり手強そう。
ただ、サービスゲームはきっちりキープできたので、しばらくはお互いにサービスゲームをキープし合って、どうやって相手のサービスゲームをブレークするか、という展開になるのかな~
そういう展開になれば浅野さんの経験がものをいうような気がします。
今のところ、なんとなく経験の差の分栄ちゃんが分が悪い感じがしますが、また試合中にカリカリとノートで研究して(笑)、その経験の差を埋めてくれるんじゃないかと期待します♪