漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

暁のヨナ16巻93話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2014年16号の暁のヨナは第93話です♪
第93話は、おそらく2014年8月ごろ発売されるコミック15巻に収録になると思います。
ヨナ達の素性をなんとなく気づいたリリたち。
しかし、ヨナたちは正体を明かさない旅立つことになります。

暁のヨナ1693話のあらすじ【ネタバレ注意】

「明日には発つ?」
リリへ明日出発することを告げるヨナ。
イキナリのことに少し驚いた表情を見せるリリですが、平静を装って別れの挨拶をします。

駐屯所で落ち込むリリ。
もう会えないかもしれないのに、ヨナからあっさりと別れを告げられ落ち込んでいるようです。
そこへ現れたテトラとアユラ。
落ち込むリリを見てテトラは、「後悔しないように」と励まします。

テトラ達と一緒にヨナのもとを再び訪れるリリ。
あのまま別れるのは寂しかったため、ヨナもリリを食事に誘いに行こうとしていたところだったようです。
水の部族の食材や料理を差し入れてもらい、豪華な食事で盛り上がる一行。
リリも少し突っ張りながらも、ヨナと楽しそうに話しています。

ハクへ酒をつぎにいくテトラ。
どうやらテトラは、以前の武術大会でハクが戦う姿を見たことがあるようです。
そんなテトラへハクが問いかけます。
「アン・ジュンギに報告するか・・・?」
沈黙するテトラ。

急に雨が降ってきたため、料理を持ってテントへ避難する一行。
ヨナとリリは一緒のテントに、男たちは別のテントに集められます。
さきほどのハクの質問に答えるというテトラ。
ジュンギに使える身ながら、ジュンギとリリが良ければ良いとは思わないというテトラ。
水の部族の恩人であるハクたち。
そんなハクたちへ・・・
「これからの道中」
「どうか」
「どうか、お気をつけて」
と深々と頭を下げるテトラとアユラ。

ヨナとリリが入ったテント。
民のためにやりたいことがあるというリリ。
そのためには父の協力が必要ですが、面倒事は聞こうともしないと愚痴ります。
そんなリリへヨナは。
「父親って・・・娘からしたら何考えているか分からないわよね」
でも、理解できなくても味方になってあげて、独りにしないであげてと語りかけるヨナ。

ヨナの言葉を聞いたリリは、気になっていたことを尋ねます。
「あんたは・・・失踪してころされたはずの・・・ヨナ・・・姫・・・?」
沈黙するヨナを見て答えを悟ったリリ。
たくさん救ってもらったのに、自分がしてあげれることは何もないと泣き出します。
そして、泣きたくなったら呼ぶこと、自分のことを忘れないことを約束させます。

翌朝、雨もやみ、ヨナたちは発ち、そしてリリはジュンギに呼び出されます。

暁のヨナ1693話の感想【ネタバレ注意】

暁のヨナ第93話では、とうとうヨナ達は水の部族の土地を発っていきました。
リリはなかなか素直になれませんでしたが、最後に自分の想いをヨナに伝えることができてよかったですね。
そうさせたのは、父親に対するヨナの言葉なのかな。
ヨナの父親も何を考えているのかよく分からない人でしたが、もう理解してあげることも味方になってあげることもできないんですよね・・・
ヨナの言葉を聞いて、リリのヨナはヨナ姫だという考えが確信に変わったのでしょう。
そして、あれからどれだけツライ思いをしてきたのかと考えたのかもしれません。
きっとこれから何かあったらリリが味方になってくるでしょうし、頼もしいですね。
助けられないとしても、離れていても自分のことを想ってくれてる友達がいるということがヨナの力になってくれるのではないでしょうか。
ずっとツライ思いをしてきたヨナに同い年ぐらいの友達ができてよかったです♪