漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

暁のヨナ16巻94話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2014年16号の暁のヨナは第94話です♪
第94話はおそらくコミック16巻に収録だと思います。

暁のヨナ16巻94話のあらすじ【ネタバレ注意】

護衛から水呼城へ戻るように言われるものの、後始末が終わるまでは戻らないというリリ。
「いつまで我儘を言うつもりだ」
と、そこへ現れたリリの父ジュンギ。
そして、勝手に水の金印を持ち出し権力を振るったリリへ、水呼城からの追放を命じます。
アユラとテトラは必死に許しを請いますが、覚悟ができている様子のリリ。
(道はあの子と切り開いた)
(私は)
(戦うと決めたのだから)

緋龍城
五部族会議の招集がかかります。
議題は高華国北西部、先代の時代に領土の返還を求め南戒へ出陣することに。
そのためには五部族の力を合わせることが必要。
しかし、いつものように慎重な態度を見せる水の部族長ジュンギに、他部族から不満の声も。
「私も共に戦うから」
とのリリの言葉を思い出すジュンギ。
危険にさらさぬよう何度閉じ込めても、その度に強く飛び立っていくリリ。
(出来ることなら)
(戦のない世を)
(おまえに渡したかった)
南戒の影響を取り除くべく尽力することを、スウォンへ誓うジュンギ。

「ひとつ聞いていいかしら」
「これのどこが牢獄なの?」
牢獄へ閉じ込められるはずだったリリ。
しかし、送られた先は立派な屋敷。
しかも場所は仙水、鍵もなし。
アユラの
「『お前が決めた道だ。この血で最後までやり通せ』と」
「背中を押してらっしゃるように思えますけど」
という言葉を聞きやっと父の気持ちを理解するリリ。
「もうっ わかりにくいのよバカ親父!」

暁のヨナ16巻94話の感想【ネタバレ注意】

暁のヨナ94話では、リリの父のジュンギが粋なはからいを見せてくれましたね~
過保護なお父さんだったのが、リリの人格を認めて子離れできたかな(笑)
リリは追放ってことで、もしかしたらヨナのもとへ行ったりするのかな?とも思いましたが、しばらく仙水の後始末ということになりそうです。
ちょっと残念な気もしましたが。
でも、いつかまたリリと力を合わせて何かをすることがあると思います。
それまでに二人がどう成長してるか楽しみです♪