漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

オオカミ少女と黒王子10巻36話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊マーガレット2014年7月号のオオカミ少女と黒王子は第36話です♪
第36話はおそらくコミック10巻に収録。
10巻の発売日は2014年8月ごろだと思います。

オオカミ少女と黒王子10巻36話のあらすじ【ネタバレ注意】

健の実家の喫茶店
クリームでハートの模様を浮かべたカプチーノのが出されます。
かわいいと絶賛するエリカ。
神谷が用意するこのカプチーノはお客さんにも好評のようです。

旅行以降、ますます絆が深まったように見えるエリカと佐田を見て、自分にも彼女が欲しいとうらやましがる神谷。

そこへやってきた落ち着いた感じの女性のお客さん。
神谷の淹れたカプチーノを見て、写真を取るほど気に入ったようす。
次もひとりで来るというこの女性。
飲めばすぐになくなるのに、お客さんを喜ばすために手間をかけていることを察し、
「その誠意をしっかり噛み締めていただきたいんです」
とのこと。

その言葉を聞いて、この女性に惹かれた様子の神谷。
「この人のコーヒーは俺がいれてあげたい」
と、シフトを増やしてバイトに励みます。
彼女の名前は田門幸美、24歳で病院の受付嬢とのこと。

また、やってきた田門さん。
自分でも神谷のようなカプチーノを作ろうとトライしたそうです。。
しかし、ネコを書いたはずが、見せてもらった写真はどうみてもひまわり・・・
それをネタに色々話をして、ますます仲良くなったように見えるふたり。

バイト帰り
やはり彼女のことが好きだと実感する神谷。
しかし、これまで色々話はしても彼氏がいるかどうかは聞けなかったようす。

田門が家庭菜園の本を手にやってきました。
いつか田んぼと畑しかないところで、旦那さんと子供と暮らすのが夢だという彼女。
「ってことは・・・」
「将来いっしょに暮らしたいって」
「そう思う人が・・・」
と、ここまで言って何でもないと仕事にもどる神谷。
自分がヘタレだったことを自覚します・・・

いつもの軽い感じでデートに誘えば大丈夫と自分に言い聞かせる神谷。
次こそは、絶対に聞くと佐田たちにも宣言します。
そこへやってきた田門さん。
しどろもどろになりながら、彼氏の有無と聞こうとする神谷ですが・・・
左手の薬指に指輪を見つけます。
なんと今日婚約してきたとう田門さん。
うつろな表情で
「おめでとうございます。」
と、祝いの言葉をかける神谷。

バイトもすっかりやる気がなくなった様子の神谷。
健はけじめをつけるようにと言いますが、
「自己満足のために、わざわざフラれに行きたくないんだよ」
と反発する神谷。

その後もの何度か来ても神谷がいないことを寂しがる田門さん。
「またコーヒー入れてください」
と、伝言をたのみ店を出ます。
その時入り口の脇に神谷が。
まずはコーヒーミルとドリッパーを婚約祝いに渡し、
「幸せになってください」
と、伝えます。

「結局告れなかったのかよ」と健。
しかし、告白したら自分に対し申し訳ないという気持ちが生まれるだろうと、神谷なりに色々考えたようです。
「さっきのも間違いなく本心だからさ」
「まぁ許してよ」
と明るく振る舞う神谷。
佐田はそんな神谷の肩をポンと叩き、互いに少しさびしそうな表情で見つめ合います。

オオカミ少女と黒王子10巻36話の感想【ネタバレ注意】

神谷君はたしか、以前はチャラチャラして適当に色んな女性と付き合ってたんですよね。
でも、エリカと佐田を見て、自分も好きな人と付き合いたい、女性を好きになりたいと思うようになりました。
それでやっと好きになれる女性が現れたというのに・・・
素敵な人にはたいていお相手がいるもので、恋愛ってなかなかうまくいかないものですね。
まあ、まだ高校生ですし、これからいくらでも素敵な人と巡りあうでしょう(テキトー)
あと、最後に佐田と神谷が向き合うシーンがよかったです。
無言だけどお互いに色んな言葉を交わしている感じで。
佐田君は他人のことなんてどうでもいいと感じでしたが、エリカと付き合うようになって、外見だけでなく内面もドンドンいい男に変化していってますね♪