漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

アカメが斬る!11巻51話のネタバレ感想

  コメント (0)

ガンガンジョーカー2014年8号のアカメが斬る!は第51話です♪
第51話はおそらくコミック11巻に収録。
11巻の発売日は2014年10月ごろだと思います。

アカメが斬る!11巻51話のあらすじ【ネタバレ注意】

エスデスに正体がバレ、敵に囲まれてしまったタツミ。
シュラは生け捕りにして、情報を吐かせるよう命じます。
このピンチにタツミはインクシオンの透明化能力を使い反撃。
隙を見てラバックを抱えて逃げ出そうとしますが・・・
エスデスに阻まれ捕まってしまいます。

ナイトレイドのアジト。
タツミ達がまだ戻ってこないことを心配するメンバーたち。
マインも
(少し連絡がないだけでこんなに不安になるなんて・・・)
かなり不安な様子。

牢獄
タツミのもとへエスデスが。
「言いたいことはたくさんあったが」
「お前の顔を見たら近くでみたら」
「全て吹っ飛んだ」
とギュッとタツミを抱きしめるエスデス。
そして、タツミにキスをしようとしますが・・・
それを拒絶するタツミ。
なぜ・・・と問うエスデスにタツミは
「好きな子が出来て・・・」
「付き合ってるからだ!!」
と明言。
エスデスの顔は蒼白になります。

別の牢獄
ひどい拷問を受けるラバック。
ひどい拷問を受けながらも口を割りません。
一向に口を割るようすのないラバックに逆に疲れてしまったシェラ。
ラバックに語りかけます。
「しっかし不公平だよなぁ」
「タツミだっけ?」
「あいつは今頃エスデスのねーちゃんにじっくり愛してもらってるぜ」
だからラバックに拷問が集中していると言うシェラ。
そして、捕まった理由もタツミの顔を割れていたからと続けます。
泣き出しそうな顔になるラバック。
一晩ゆっくり考えるように言い、牢獄を去っていきます。

アカメが斬る!11巻51話の感想【ネタバレ注意】

アカメが斬る!11巻51話では、タツミたちは逃げきれずに捕虜になってしまいました・・・
幸い(?)タツミはエスデスのもとへ連れて行かれて拷問は受けずにすんだわけですが、バカ正直に好きな人ができたことを言ってしまいました。
これでタツミもどうされるか分かりませんね。
ホントは気に入られているエスデスに取り入っていればよかったんでしょうが、それができないのがタツミらしいですね。
チェルシーが生きていれば、また甘いと言われそうですが。
一方、ラバックはその分ひどい拷問を受けることになってしまいました。
肉体的なものもそうですが、肉体攻撃のあとの精神攻撃というのがエグいですね・・・
あれでラバックもポックリと心が折れてしまった感じでした。
ラバックが味方の情報を吐いてしまわないか心配です。
ただ、もし言わなくてもひどい拷問が続くわけで、なんとかカマメ達に救出してほしいなあと思います。