漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

クレイモア27巻152話のネタバレ感想

  コメント (0)

ジャンプSQ2014年8号のクレイモア(CLAYMORE)は第152話です♪
第152話はおそらくコミック27巻に収録。
27巻の発売日は2014年10月ごろだと思います。

クレイモア(CLAYMORE)27巻152話のあらすじ【ネタバレ注意】

最強のナンバー1・微小のテレサ
クレアが覚醒した姿に驚くヘレンたち。
プリシラはカサンドラら覚醒者を取り込んだ力を失いテレサが優勢に見えます。

しかし、一気にたたみかけるチャンスに、テレサはデネブらの元へ。
「なにしてんだてめぇ」
と叫ぶヘレンですが、テレサによると見た目ほどプリシラは追い込まれてないとのこと。
それよりも、クレアの仲間と語り合いたかったというクレア。

ラキへイースレイとプリシラとの関係を聞くテレサ。
ラキは3人で暮らし始めた経緯を説明。
そして、イースレイがラキへ剣を教えたのは、おそらくプリシラを倒すためだと考えるラキ。
無意識に自分の力を呪っていたというプリシラ。
プリシラは常に自分をころしてくれるものを探し続けていたようです。
そして、その相手とはテレサ。
「クレアの中に眠るあなたの匂いをプリシラをはずっと追い求めていたんだ」

完全復活するプリシラ。
そのプリシラと決着をつけに向かうテレサ。
去り際仲間へクレアの思いを伝えていきます。
ナンバーが近く一番親近感を抱いているユマ。
戦士になってもぶれない優しさがうらやましいシンシア。
口が悪くてもそれを含めて気に入っているヘレン。
一番の仲間思いのデネブ。
仲間であり共であり姉のような存在のミリア。
そして、
「して」
「久しぶりに暴れるとするか」
と力を解放するテレサ。

スピード、パワー、プリシラ相手にも圧倒的な力を見せつけるテレサ。
「テレサ テレサ テレサ」
と狂気の表情でテレサの名を連呼するプリシラ。
「まったく」
「ここまで憎まれてると」
「愛されてるのとそう変わらなく思えてくるな」

そこへ集結してきたガラテアと現代の戦士たち。
「究極にして最後の戦いを」
「この眼に焼付けにきたのよ」
と、最後の戦いを見守ります。

クレイモア(CLAYMORE)27巻152話の感想【ネタバレ注意】

クレイモア152話でラキからプリシラの真意が語られましたね。
これまでなぜプリシラが執拗にクレアを追いかけるのかよく分かりませんでしたが、自分を倒してくれる力をもつテレサを求めていたんですね。
それにしてもテレサの力は相変わらず圧倒的。
でも、クレアが覚醒してテレサになって、でもテレサ自体はもとの生身の姿に思えます。
そのテレサは覚醒したプリシラに一瞬でやられてしまったわけで、そのテレサがプリシラに勝てるのかな?という気もします。
ゴチャゴチャしてよくわからなくなりますが(笑)
まあクレアが覚醒したから覚醒者扱いなのかな?
よく分かりませんがそろそろ長い戦いに決着がつきそうでドキドキしますね。
あと、普段ぶっきらぼうなクレアが仲間のことをどう思っているか分かって、今回は少し感動的でした♪