漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ひるなかの流星11巻72話のネタバレ感想

  コメント (0)

マーガレット2014年17号のひるなかの流星は第72話です♪
第72話はおそらくコミック11巻に収録。
11巻の発売日は2014年9月ごろだと思います。

ひるなかの流星第11巻72話のあらすじ【ネタバレ注意】

喫茶店、友達とお茶をしているすずめ達。
カメちゃんが沖縄体験学習のチラシを持ってみんなを誘っています。
最初はみんな反応はイマイチでしたが、カップルで旅行、食べ物、内申と、カメちゃんが魅力を熱弁しみんな参加することに。
「いい機会だし馬村も呼んだら」
と、カメちゃんに進められ、すずめは馬村も誘うことに。

すずめとゆゆかは一緒に買物に。
沖縄旅行だけにしては、量が多いことに気づくすずめ。
ゆゆかに問うと、土牛と付き合うことになったことを聞かされます。
泣いてお祝いするすずめ。
一方すずめも先生や馬村とのことを聞かれますが・・・
特に波乱はないものの、何か心に引っかかるようすのすずめ。

馬村と一緒に下校中のすずめ。
沖縄旅行のことを話し、
「馬村も一緒にどうかなって」
「ってカメちゃんが!」
素直に誘えないすずめ。
「オレはいいわ」
と、馬村は断ってしまいます。
何か少し馬村の様子が変な気がするすずめ。
しかし、気のせいだと無理やり自分を納得させます。

夜、やはり馬村のことが気になるすずめ。
同じようなことを先生の時にも感じたことを思い出します。
不安だけど何もできずに突然終わってしまった経験。
(サインはあるのに)
(私はまた立ち向かわずにいるの?)

馬村の家。
弟からお客さんが来ていることを知らされ、家のドアを開けると・・・
そこには汗だくのすずめが。
言いたいことがあれば言って欲しいとお願いするすずめに、
馬村もちゃんと言うようにするとのこと。
そして、もう一度
「一緒に沖縄行きませんか?」
「馬村がいるともっと楽しいと思うし」
「これはカメちゃんのセリフじゃなくて私の希望」
と、今度はちゃんと自分の気持ちを伝えるすずめ。
馬村はすこし頬を紅くしながら、一緒に行くことに。

(がんばって自分で動けば)
(ちゃんといい方向に向かっていく)
と、自分から行動することの大切さを実感するすずめ。
(絶対沖縄楽しくしよう)
と、心に誓います。

ひるなかの流星第11巻72話の感想【ネタバレ注意】

ひるなかの流星第11巻72話は、大きな波乱もなく終わりました。
でも、これもすずめが思い切って行動したからですね。
普通は気になることがあっても、たぶん大丈夫だろうとなかなか行動できません。
なぜなら、行動するのにはすごいエネルギーがいるから。
それで結局あとで後悔にすることになるわけですが。。。
すずめは一度獅子尾と似たようなことがあって、それで行動できたわけですが、それもすごいですね。
一度失敗したら二度と同じ失敗はしないようにみんな気をつけるものですが、それでも実際は2度3度と同じ失敗を繰り返してしまうもの。
逆になんでも一度成功すると、次からもうまくやれるものなんですね。
失敗は成功のもと、なんていいますが個人的には逆のような気がします。
なのでこれからはすずめと馬村は、言いたいことを言えずにすれ違いなんてことはないんじゃないかな。
二人の絆が強くなって、獅子尾がどうやってその間に入っていくのか注目ですね♪