漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

宇宙兄弟のネタバレ感想24巻231話 – モーニング2014年35号

  コメント (0)

モーニング2014年35号の宇宙兄弟は第231話です♪
第231話はおそらくコミック24巻に収録。
24巻の発売日は2014年9月22日です。

宇宙兄弟の24巻231話のあらすじ【ネタバレ注意】

JAXAを訪れ理事長たちに挨拶するムッタ。
たくさんの記者相手に会見に望みます。
その堂々とした姿に理事長たちも頼もしそうに見つめます。
今回のミッションについて説明するムッタ。
新しい宇宙服、月面でのバギーの改造、人類発の月の裏側の歩行、そして・・・
シャロン月面展望台の設置。
会見の途中、記者たちの後ろに車イスに乗った男女が。
(あれって・・・)

記者会見の終了後、さきほどの男女と対面するムッタ。
付き添いの方から、ALSの患者さんだと紹介されます。
二人の宇宙飛行士に会いたいという希望により、JAXAにムッタと対面する許可をもらったようです。
そしてなんと二人はシャロンの友人だといいます。
表情はつくれないものの、機械や口文字で冗談を言うなど、とてもおもしろいふたり。
ふたりと話をしていると突然
「南波サン・・・”シ”で始マル14文字ノ言葉ハ何カアリマセンカ?」
と、聞かれます。
さっきから二人でしりとりをやっていたようです。

「お待たせ~」
と、そこへ付き添いの人とともにシャロンがやってきます。
「シャロンおばちゃん!」
「オカエリムッタ」
と、挨拶を交わすムッタとシャロン。
そして、さきほどシャロンの友達のふたりと話をしていたことを報告していると
「あ・・・」
「シャロン月面展望台」
さきほどのしりとりの続きを思いつくムッタ。

宇宙兄弟の24巻231話の感想【ネタバレ注意】

しばらく休載していた宇宙兄弟が久しぶりに再会。
たしか、打ち上げを前にクルーたちは表敬訪問をかね地元へ戻っていたんでしたね。
ムッタはそこでシャロンと同じ病気をかかえる人たちと出会いました。
難病を抱える苦しみはあると思いますが、それを表に出さずにひょうきんなことを言い合う二人にムッタも救われたんじゃないかな~
大好きなシャロンおばちゃんが病気になり段々と弱っていくのを見てきたムッタですが、それでもこういう風に明るく楽しく過ごせることが分かってよかったですね。
シャロン月面展望台というムッタとシャロンの夢が叶うことになり、次回ふたりはどんな会話を交わすんですね。