漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

オオカミ少女と黒王子11巻38話 のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊マーガレット2014年9月号のオオカミ少女と黒王子は第38話です♪
第38話はおそらくコミック11巻に収録だと思います。

オオカミ少女と黒王子2014年8月号11巻38話のあらすじ【ネタバレ注意】

喫茶店でエリカを待つ恭也。
なかなか来ないエリカにかなりイライラしている様子。
女の子が何人も声をかけてきますが、酷い言葉を浴びせて追い払ってしまいます。
やっとやってきたエリカですが、フラフラで青あざだらけ、熱もありそう。
具合が悪いのに無理して走ってきたようです。

平気なフリをするエリカを無理やり連れ帰る恭也。
父も母も家にはいないようです。
熱を出したことを謝り、
「すぐ治すからまたデートしようね」
というエリカを見て、なんと看病をしてやると言い出す恭也。
意外すぎる申し出に大喜びするエリカですが、恭也は熱を計り冷却シートを貼ってあげた以外は特に何もする様子がありません。
焦れたエリカが駄々をこね、手作りのハンバーグを作ってもらうことに。

スーパーで買い物をしていると偶然三ちゃんが。
恭也はエリカが熱を出したことを教えます。
そして、ハンバーグの作り方を聞く恭也。
以前、エリカが熱の時ハンバーグを食べたくなるという話をしていたのを思い出し、事情を悟る三ちゃん。
(人ってここまで変わるものなんだねえ・・・)

恭也が作ったハンバーグに感激するエリカ。
以前、逆にエリカが恭也の看病をしたことを思い出すふたり。
あの時はキライだったという恭也に
「じゃあさ、恭也くんはわたしのどこを好きになってくれたの?」
と聞くエリカですが、
「それは・・・哀れに思ってな」
と、煙に巻かれてしまいます。。

(なんで私なんだろう)
なんて考えながらトイレから戻ってくるエリカでしたが、突然廊下に倒れてしまいます。
驚いた恭也はお姫様抱っこをしてエリカをベッドに。
お姫様抱っこにエリカはまた感動。
「何をそこまで・・・」
「オレのなにがいいんだか」
と不思議がる恭也ですが、
(あたしのどこが好きなのか気になるけど、それはきけなくていいや)
(言葉より今こうしていてくれることが全てだから)
(それだけでどうでもよくなるや)
と、エリカも同じようなことを思っているようです。

エリカを寝かしつけていると、そのまま恭也も寝てしまい起きるともう夜に。
家族が来ると面倒になるからと帰ろうとしていると、
「ただいまー」
と、お父さんと鉢合わせに。
突然のことに一瞬呆然とするふたりですが、とっさに挨拶をして事情を説明する恭也。
「あ そうなの」
「キミひとりで」
「へぇー」
と真顔で棒読みの父。
後日改めて挨拶に伺うと約束し、さっさと帰る恭也。

翌日の学校
もうエリカは全快したもよう。
そして父から伝言が。
「キミを信用しています」
「楽しみにしています」
意味の分からないエリカと、ガックリと肩を落とす恭也。

オオカミ少女と黒王子2014年9月号11巻38話の感想【ネタバレ注意】

今回は口では色々言いながらも恭也が甲斐甲斐しくエリカの看病をしてましたね。
三ちゃんではないですが、恭也の最近の変わりようはすごいですね(笑)
エリカも幸せそうでよかったです。
しかし、恭也がボソッと
「オレの何がいいんだ・・・」
みたいなことをつぶやいていましたが、自分がおかしいという自覚はあったんだ(笑)
自分のこと王様みたいに思っているのかと思ってた(笑)
お互いに相手が自分のどこが好きなのかは分かってないようですが、一緒にいるだけで幸せになれる関係っていいですね。
そして、最後には強敵が。
恭也をあんなに焦らせるとは、さすがお父さんは強い(笑)
最後のメッセージはたぶん
「キミを信用しています」(変なことはしてないよな?)
「楽しみにしています」(ちゃんと挨拶に来いよ)
ってことかな?
二人の仲にお父さんが絡んできて面白くなりそうですね♪