漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

神様はじめました20巻118話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2014年18号の神様はじめましたは第118話です♪
第118話はおそらくコミック20巻に収録。
20巻の発売日は2014年12月ごろだと思います。

神様はじめました20巻118話のあらすじ【ネタバレ注意】

奈々生のことを考えている霧仁。
奈々生にあってから気分も体調もすこぶるいいようです。
とてもご機嫌な様子で、夜遊びに行くと夜鳥らに伝え出かけていきます。

巴衛が狐になったことをミカゲに相談する奈々生。
ミカゲにはどうすることもできず、他の神にあたってみるとのこと。
狐になった巴衛の面倒を見ようとする奈々生ですが、
巴衛は拗ねているのか弱みを見せたくないのかミカゲのもとを離れようとしません。
(一緒に生きようって言ったよね)
(私だって)
(巴衛の力になりたいって思ってるんだよ・・・)
こんな時だからこそ頼ってほしい、と毛づくろい用のブラシを買いに出かける奈々生。

買い物の帰り道、霧仁に出会う奈々生。
あの時のことを思い出したくないと真っ青になります。
ご機嫌そうな霧仁でしたが、奈々生が巴衛のために買い物をしていたことを知ると、恐ろしい表情で睨みつけます。
顔も体格も違うものの、霧仁は悪羅王だと確信する奈々生。
なぜ、そんなに巴衛を憎んでいるのか聞きます。
巴衛に裏切られたという霧仁。
巴衛に殺された悪羅王の身体を取り戻すことが今の目的だと言います。

「いたぞ!あの野郎」
ガラの悪い男たちに追いかけられている様子の悪羅王。
「遊んでやっただけだ」
と、他人を傷つけることを何とも思わない悪羅王を心底怖いと思う奈々生。
ひとの痛みがわかる巴衛が、悪羅王を殺したなんて信じられません。

なぜ人間の身体になってまでケンカするのか尋ねる奈々生。
巴衛も自分と変わらないと言う悪羅王に、奈々生は
「巴衛はあんたなんかと違う」
「私は巴衛のこと信じてるっ」
ときっぱりと言い放ちます。
奈々生の言葉を聞き、
「なんでだ」
「どうしてお前の言葉が」
「こんなに俺に突き刺さる」
と悲しそうな顔をする悪羅王。

神様はじめました20巻118話の感想【ネタバレ注意】

神様はじめました118話は、前回巴衛が狐になってしまった続きです。
狐になってしまった巴衛は奈々生に近ずこうとしません。
まあ、一緒に生きていこうとあれだけカッコいいことを言って、
奈々生が必死に止めるのも聞かずに1人で突っ走って、
それで結局変わったのは人間ではなく狐。
拗ねたくなるのも分かります(笑)
拗ねるというか恥ずかしいというか合わせる顔がないという感じかな?
こんなことやらかしたら好きな子の前には出ていけないですね(笑)
ミカゲが大丈夫と言っていたので、元に戻れはするんでしょうがすぐには無理そうですね。
しかも、こんな時にイキナリ悪羅王が現れてストーリーは急展開。
たぶん巴衛が狐になっている間に悪羅王が色々やらかすんでしょうかね。
巴衛が悪羅王を殺したという真偽やその理由も気になりますね。
これからどんな展開になるのか注目です♪