漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ちはやふる26巻135首のネタバレ感想

  コメント (0)

BE LOVE2014年17号のちはやふるは第135首です♪
第135話はおそらくコミック26巻に収録。
26巻の発売日は2014年10月ごろだと思います。

ちはやふる第26巻135話のあらすじ【ネタバレ注意】

部活動、なんとなく元気のない太一。
ちはやには、ただかるたを取ってるだけに見えます。
どうして1人で高松宮杯に出たのか。
新との試合はどうだったのか。
聞きたいことは色々あるのに、何も聞けないちはや。
(近くにいるのに)
(なんでこんなになんにも聞けなくちゃっちゃったんだろう・・・)

太一が落ち込んでいるのが感染したのか、沈んだ空気の部内。
それをどうにかしようと、かなちゃんがバレンタインに女子でチョコを作り活力を取り戻そうと提案します。
ちはやの家でチョコ作りを始めるも、全然かたちにならないちはやとかなちゃん。
そこへ花野がおくれてやってきます。
小2から手作りしているという花野。
見栄えもよくて、おいしいチョコがどんどんできあがります。
みんなで仲良くチョコを作りとても楽しそうな3人。
ふと、太一のことを思い出したちはやはいきなり泣き出してしまいます。
「みんなでなにかするって楽しいね~」
「なのに・・・なんで太一はあんなきつそうなの」
「笑ってほしいよ・・・」

ちはやのうちから帰る、かなちゃんと花野。
花野の手には勝率100パーセントと噂のクーベルチュールのチョコレートが。
勝率なんてゼロだと分かっているけど、それでも何かにすがりたいというようすの花野。
かるたなんて遠いものを1年もがんばってきた花野。
花野の気持ちは、いつだって何をあげたって伝わるよ、とはげますかなちゃん。

翌日、渡したくても常に女子に囲まれ、渡せない花野。
どうせ勝算はないしと落ち込む花野ですが、ふと校庭にいる太一が目に。
イキナリ二階から太一へプレゼントを投げて渡します。
そして、
「好きです、先輩。大好きです」
「先輩も」
「好きな人に好きって言ってください」
と叫びます。

放課後、部室ではチョコパーティの用意が。
それを見て盛り上がる男子たち。
ハシャグ部員たちを見て、太一もプッと笑います。
そして、3人で作ったチョコを披露しようと重箱を開けると、
「美味しかったよ♡でも作りすぎだよー♡パパ」
というメモが・・・