漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

宇宙兄弟のネタバレ感想24巻233話

  コメント (0)

モーニング2014年38号合併号の宇宙兄弟は第233話です♪
第231話はおそらくコミック24巻に収録。
24巻の発売日は2014年9月22日です。

宇宙兄弟24巻233話のあらすじ【ネタバレ注意】

ファンだという子供からサインをお願いされるムッタ。
最近練習したというムッタのサインはマスコット風の可愛いらしいサイン。
面白いサインをもらった子供は、ムッタはあんまり宇宙飛行士っぽいくないと喜びます。
意外と女性受けもよく気をよくするムッタ。
シャロンにもサインをお願いされて、膝掛けへ書いてあげます。
ムッタのサインを見て喜ぶシャロン。
ほんのりとした目の動きでシャロンが笑顔でいることが分かるようになってきました。

時刻はもう夕方に。
帰り際、月面展望台をすごく楽しみにしているというシャロン。
空を指さし
「約束・・・果たしてくる」
と言うムッタ。

ムッタは実家へ。
自分の部屋の扉には「南波工房」との文字が。
中へ入るとろくろで焼き物を作っている父の姿が。
「いつまでも実家に自分の部屋があると思うな」
と自分のための創作スペースにしてしまったようです。
能天気な両親を見て、ムッタは自分が宇宙へ行くことを忘れそうになります。

父が作った器でうどんを食べ、自作のジョッキでビールを飲む両親とムッタ。
ムッタはこれが父の夢だったのかなと思います。
さきほどのシャロンとの会話を思い出すムッタ。
自分が宇宙飛行士になれたのはシャロンのおかげだというムッタに、
「ムッタガ夢ヲ叶エラレタノハ」
「アナタガ」
「アナタダッタカラヨ」
という答えるシャロン。

翌朝、玄関でムッタを見送る両親。
「じゃ・・・行ってきます」
「月にね」
とシャロンを見送った時と同じように空を指さすムッタ。
「・・・・」
「おい六太」
「月は今下だ」

宇宙兄弟24巻233話の感想【ネタバレ注意】

今回の宇宙兄弟はムッタの両親のキャラがとてもおもしろかったです(笑)
お父さんはもう定年を迎えたぐらいの歳なんでしょうか。
自分の夢だった工房をマンションの一室に作るなんて、非常識というかとても思いもしないことをやってのけてしまう父。
でも、よく考えると子供のころに宇宙飛行士になりたいと思って、実際になってしまうムッタも同じようなものかなと思います。
普通は自分の夢というのはどこかであきらめてしまうものですが、シャロンが言っていたように自分が自分であり続けるという似たもの親子ですね。
あと、子供がムッタを宇宙飛行士らしくないと言っていったのがちょっと意外でした。
私は宇宙が好きなので宇宙からの中継などをよく見ますが、宇宙飛行士って遊び心いっぱいで子供がそのまま大人になったようなイメージなんですよね。
普通は宇宙飛行士というともっとお固いイメージなのかな?
まあ、とりあえずムッタには遊園地にでも行くような感覚で月を目一杯エンジョイしてきてほしいなと思います♪