漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダイヤのAのネタバレ感想44巻397話

  コメント (0)

週刊少年マガジン2014年41号のダイヤのAは第397話です♪
第397話はおそらくコミック44巻に収録。
44巻の発売日は2014年11月ごろだと思います。

ダイヤのA44巻397話のあらすじ【ネタバレ注意】

勝負球のストレート。
外角への球を雷市は空振り!
三球三振で薬師の4番雷市を仕留めた沢村に、観客席も湧きます。
「せめて前の打席で1球でもチェンジアップを見てれば」
と薬師の轟監督も悔しがります。

次のバッターは5番真田。
雷市を仕留めた沢村に、
「こいつ激アツかよ」
と、真田も興奮。

ストレートにはめっぽう強い真田。
初球はチェンジアップで空振り。
2球目はストレートを真田が打ちにいってファール。
ストレート待ちの真田にうまくボール球を打たせたバッテリー。
雷市に続き真田も2球で追い込みます。
3球目はストレートでボール。

そして、勝負球は・・・
やはりチェンジアップ。
真田はタイミングが合わずに空振り。
薬師の4番5番を連続三振に斬って取ります!

ダイヤのA44巻397話の感想【ネタバレ注意】

ダイヤのA397話では、沢村が雷市・真田を連続三振に斬って取りました♪
沢村はストレートの威力も増してますし、これにチェンジアップを組み合わせられると、かなりタイミングが取りづらそうですね。
稲実の鳴宮がかなり苦労していたチェンジアップのコントロールを、沢村がキレイに低めに決められるものなのかなという気はしますが(笑)
御幸のホームベースに叩きつけるようにというアドバイスがよっぽどフィーリングがあったのかなあ。
このチェンジアップがあれば、そうそう打たれそうにないですね。
この試合を残り失点ゼロで投げ抜けば、もうエース格と言ってもいいんじゃないでしょうか。
この試合で、降谷とエースを争うぐらいまで沢村が覚醒しそうと何回か書きましたが、そうなってきて嬉しいです♪