漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダイヤのAのネタバレ感想44巻398話

  コメント (0)

週刊少年マガジン2014年41号のダイヤのAは第398話です♪
第398話はおそらくコミック44巻に収録。
44巻の発売日は2014年11月ごろだと思います。

ダイヤのA44巻398話のあらすじ【ネタバレ注意】

狙い通りのチェンジアップで真田を三振に切って取った沢村。
轟・真田と主力ふたりを真っ向勝負での連続三振に御幸も会心の表情。
「ナイスピッチ」
と、珍しく素直を沢村を褒める御幸ですが・・・
「もう1回!もっと大きな声で!」
「さぁさぁ恥ずかしがらずに」
と、いつもの沢村節。
御幸に代わりバックの野手陣が次々と声とかけて来て、盛り上がる青道サイド。
降谷も沢村の快投に刺激され、意識しまくりです。

(栄純・・・ほんとに凄い・・・)
沢村とのメールのやり取りを思い出す若菜。
よかった時は長く、イマイチだった時には短い、わかりやすいメール。
甲子園に向かって着々と進んでいく沢村のようすに、
(やっぱり・・・私も栄純の成長をもっと近くで見届けたかったな)
と、その気持ちをそのままメールで送ってしまった若菜。
今日になっても返事がなく、なかったことにしたいと後悔中。

1点を追う8回表青道の攻撃は6番の白州から。
ラインギリギリのベース寄りに立つ白州。
デッドボール覚悟で、真田が得意の内角攻め封じ。
(熱くなりすぎるなよ真田・・・)
と心配する轟監督。
しかし、真田は白州に乗って構わず内角を攻め1ストライク。
それでも譲るようすのない白州を見て、またも内角へ。
白州の鋭い当たりが一塁線を遅いますが・・・
なんとか三島のミットに収まってワンナウト。

そして、次の打者樋笠に代わって、代打金丸がアナウンスされます。

ダイヤのA44巻398話の感想【ネタバレ注意】

ダイヤのA398話は、何と言ってもメールを送ったことを後悔し、テレている若菜が印象的でした(笑)
若干の恋愛要素もあるかと思いながらもう44巻まできてしまいましたが、ようやく沢村と若菜の間にも何か進展があるかもしれませんねえ。
マネージャーの春乃ちゃんも、すこし沢村のことを意識しているみたいですが、どうなるんでしょうか(笑)
試合の方は最後に代打を告げられた金丸に期待です。
サードのレギュラーを樋笠と争っている金丸ですが、印象としては力はほぼ互角。
しかし、守備は樋笠、打撃は金丸が若干上回っている感じがします。
しかも、金丸はストレート系にはめっぽう強いので、真田とは相性がいい気がしますね。
真田のストレートあるいは内角へのシュートを狙い打ってほしいですね♪