漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

スキップビート36巻216話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2014年20号のスキップビートは第216話です♪
第216話はおそらくコミック35巻に収録だと思います。

スキップビート36巻216話のあらすじ【ネタバレ注意】

空港でたこ焼きを手に日本に帰ってきたことを実感するキョーコ。
と、そこへ社さんから電話が。
なんと空港まで迎えに来てくれてるようです。
なぜ、わざわざ社さんが来てくれたのか不思議がるキョーコ。
今回の撮影のことを色々聞きたかったものの、ミッション中は連絡できないことになっており、ずっとモヤモヤしていたようです。

さらに、聞きたい内容が機密事項ということで、タクシーではなく社長のリムジンが!
リムジンの中で今回の撮影のことを報告するキョーコ。
セツは暑さでバテて部屋に篭もることに、そしてそうこうしているうちにイギリスへ帰されるという設定で消えていくことになっているようです。
役目を終え蓮から「よくできました」のサインをもらったことも報告。
連ひとりでは多分難しいこともあったと思うと、社さんも感謝してくれます。
「社さん・・・」
思わず何かを言いかけてやめるキョーコ。
「マネージャーだからって担当の役者さんのことを何でもしっているわけではないですよね?」
と、何か聞きたいことがあったようですが、ちょっとボカした質問を。
社さんによると、特殊な業界だけに色々な事情を抱えて仕事をしている人も多いのではないかとのこと。
特に蓮の謎の部分には社さんも、なかなか足を踏み入れることができずにいるようです。
キョーコは蓮の本名を聞きたかったようですが、それはいつか蓮が自分から明かしてくれる時を待とう思います。
(そんな瞬間一生待っても来ないかもしれないけどね・・・・)
と、同時にそう感じるふたり。

「そういえばキョーコちゃん。昨日、初回だったよね」
美緒とは全然タイプの違う悪役ぶりにびっくりしたという社さん。
どこから見てもカリスマ女子高生だったと褒めてくれますが・・・
「BOX”R”昨日初回放送でしたっけ」
と、相変わらず自分のことには興味のない様子のキョーコに社さんもあきれてしまいます。

リムジンから降りBOX”R”の現場(?)へ来るキョーコ。
共演する天宮さんを見つけ挨拶をしますが、元気のないようす。
どうやら、初回の視聴率が最悪だったようです。
しかし、BOX”R”はスロースターターのはずと気にするようすのないキョーコ。
「大丈夫!!私達とてもえげつない悪役!!演れてますから!!」
と、微妙な励ましを・・・

「只今戻りました!!」
撮影が終わりお店へ帰ってきたキョーコ。
洗い物の手伝いを買って出ますが、キョーコへお客さんが来ているとのこと。
どうしても会って話したいことがあると、留守中何度も訪ねてきたようです。
お客さんがいる居間の扉を開けると、そこには不破尚の姿が・・・
「んんぬぁんでアンタがココに居んのよぉおおお」
と絶叫するキョーコ。
憎いものを見る目で尚を凝視するキョーコですが、尚は
「お前パスポート取ったんだって?」
「冴菜さんから連絡があった」

スキップビート36巻216話の感想【ネタバレ注意】

スキップビート216話からは、セツの役目を終えたキョーコが日本に戻り、新しい展開が始まりそうですね。
前回、モー子さんが台本の監修のところに「最上冴菜」というキョーコの母親の名前を見つけていましたが、今回は尚からも冴菜の名が。
キョーコを放ったらかしにしていた母が今頃何の用なんでしょう。
最近、多少名が売れてきたキョーコを知り、今頃娘に興味が出てきたんでしょうかね。
とりあえず、どういう展開になるのか楽しみです。
あとは、蓮との進展が少しあるかなと思いましたが、今回はなし。
まあ、前回蓮からのアプローチを天然でスルーしてしまったばかりですが(笑)
社さんとの話をみても、蓮の過去へ踏み入っていくにはもう少し時間がかかるのかもしれませんね。
ちょっとモドカシイですが、ノンビリ待ちたいと思います♪