漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ちはやふる26巻137首のネタバレ感想

  コメント (0)

BE LOVE2014年19号のちはやふるは第137首です♪
第137話はおそらくコミック26巻に収録。
26巻の発売日は2014年10月ごろだと思います。

ちはやふる第26巻137首のあらすじ【ネタバレ注意】

道場で村尾さんと対戦している新。
今回は新が勝ったようです。
新が体力面でも進歩していることに感心する村尾さん。
しかし、この前の高松宮杯では村尾さんに敗けてしまった新。
原因は太一の対戦後気持ちを切り替えられなかったことのようです。
新に追いつくために、勝つためにどうしたらいいか、太一の深い想いが伝わってきた新。
(戦いたいな)
(また)
(何度でも)

太一杯
集まったのは、なんと36人。
今回のルールを説明するちはや。
3人一組の源平戦で、取った札は個人のポイント。
そして、チームが勝てば勝点が入ります。
そして、優勝者の商品は太一からのキスということに。
(なんでこんなおおごとに)
と、真っ青になる太一。

味方が強いとポイントが取れず、弱いと勝点が取れない。
いつもと違うルールで戸惑う太一。
しかし、昔この部屋でちはやや新と源平戦をしたことを思い出します。
(あの時と同じ部屋で)
(かるたをやる人に囲まれて)
(あのころより)
(強くなれたのかな)

4試合が終了し、トップは同点でちはやと太一。
決定戦をやると張り切るちはやですが、残念ながら時間切れで解散することに。
吹っ切れた表情でみんなにお礼を言う太一。
いつも原田先生から目標を持てとか厳しく言われ、かるたはキツイと思っていたという太一。
しかし・・・
「今日はバカみたいに楽しかった」
「おもしろかった」
「かるたってひとつじゃないね」
そして、みんなで太一杯の変なTシャツを着て記念撮影。
(おれは強くなれたのかな)

放課後の部室、今日は練習なのに太一とちはやが。
太一は勉強をしに、ちはやはカーテンを替えに来たようです。
話題がこの前の太一杯のことになり、また子供のころを思い出す太一。
学校のかるた大会、新のメガネがなくなったことが。
それを取って隠したのは自分だったと告白する太一。
あまりの衝撃に驚愕するちはや。
理由は新に負けたくなかったから。
「ダメじゃん、ずるいじゃん」
畳の上に寝転がり顔を覆う太一。
「うん・・・」
「ずっと・・・ずっと」
「卑怯じゃない人間になりたかったんだ」
「好きなんだ」
「ちはやが」

ちはやふる第26巻137首の感想【ネタバレ注意】

太一杯はいつもと違う変なルールで、太一は子供のころを思い出し、純粋にかるたを楽しめたようです。
おかげでずっと元気のなかった太一も吹っ切れたようです。
ちはや達の太一を元気づけようという作戦成功ですね♪

そして、そのままなんとちはやに告白してしまいました!
そろそろ、新と太一とちはやの3人の仲に何か進展があると思っていましたが、突然でビックリですね。
新からも告白されましたし、ちはやはどうするんでしょう。
二人とも大事な親友ですし、ちょっとどちらを選ぶのか、もしくはどっちも選ばないのか予想がつきませんね。
ちはやは多分3人でずっと昔のままの関係でいたいでしょうが、男女の間ではそうもいかず。
今度はちはやが悩みまくって元気がなくなっちゃうのかな~
どういう展開が待っているのか楽しみですね♪