漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

四月は君の嘘10巻39話のネタバレ感想

  コメント (0)

月刊少年マガジン2014年9月号の四月は君の嘘は第39話です♪
第39話はおそらくコミック10巻に収録。
10巻の発売日は2014年10月17日です。

四月は君の嘘10巻39話のあらすじ【ネタバレ注意】

幼いころ
風邪をひいた椿を、ゴリラが風邪!?とみんなからかいます。
しかし、公生だけはいつものように優しく、なけなしのお金でビタミンCの入ったホットレモネードを買ってくれます。
ゴリラは風邪ひかないし、と自虐的な椿に、
「椿は女の子だよ」
と、にっこり微笑む公生。

B判定で浮かれる椿。
公生に自慢しようと音楽室に行きますが、公生の姿はなくションボリ。
そのころ公生は病院へ。
たまたま病院のまえで渡に出会った公生は、引き返そうとしますが渡に無理矢理連れて行かれます。
「てめ~予選通ったからって調子ぶっこいて」
「こんな所で油うってんじゃね~よ」
自分が定期連絡を命じておいて、理不尽なことを言うかをり。
一応そのまま病室に留まりますが、かをりと渡の楽しそうな会話を横で眺めているだけの公生。

紘子宅で一緒に食事をする公生たち。
東日本ピアノコンクールが迫ってきました。
相座、井川と逸材が揃い、勝つためには手堅く仕上げていきたい紘子。
しかし、公生は
「自分の信じる音楽を自分らしく弾こうと思います」
と、演奏を変えるつもりはないようす。

話題は代わり、イキナリかをりと椿との仲をちゃかし出す紘子。
相座妹が怒りだし修羅場のような雰囲気になり、困ってしまいます。
かをりのことを考えると渡を思い出してしまう公生。
そして、落ち込んでしまいます。

かをりへ定期連絡へ向かう公生。
今日は椿も一緒です。
しかし、また病院に入っていく渡を見ると、そのまま帰っていきます。

雨が降り出し、自販機の前で雨宿りをするふたり。
あの時と同じように椿へレモネードを買ってあげる公生。
椿のかわいいのハンカチを見て、
「椿は女の子みたいだ」
と、微笑む公生。
「うそつき」
さっきは雨が降りそうだからと病院へ寄らなかった公生。
しかし、本当はかをりと渡が笑っているの見てるのが辛かっただけ。
「公生はかをちゃんが好きなんだよ」
椿に指摘に、「うん」と素直に答える公生。

「ばっかじゃないの!!」
かをりは渡が好きなこと。
女の子関係では渡に勝ち目がないこと。
それを香織に指摘されますが、
「知ってる」
と少し寂しそうにうなずく公生。

(うそつき)
(私を女の子だなんて思ったことないくせに)
「かをちゃんは渡が好きなの」
「あんたは」
「私と恋するしかないの」
真っ赤になる二人。
公生のすねを思いっきり蹴りあげると、椿は走り去っていきます。

四月は君の嘘10巻39話の感想【ネタバレ注意】

四月は君の嘘39話では、なんと椿が公生に告白!
しかし、なんて不器用な告白なんだ(笑)
まあ、椿らしいけど。
しかし、椿はほんとに公生が大好きなんだね~
まあ、みんなに女の子扱いされないなか、公生だけは昔から女の子として扱ってくれて、しかもあんなに優しかったら好きになるでしょう。
しかし、分かっていたことですが一応整理すると、椿は公生が好きで、公生はかをりが好きで、かおりは渡が好き(?)という図式。
かをりの病気のこともそうですが、四月は君の嘘というお話はすごく切ないなあ(T_T)
椿も公生も自分は報われないと分かっていつつも、それでも好きな気持ちを止められないんだろうな~
まあ、かをりが渡が好きだったのは、公生と出会う前の話で、今はきっと公生に惹かれてるとは思いますが。
音楽だけでも、それぞれの恋も動き出した四月は君の嘘。
これからが楽しみですね♪