漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

スキップビート36巻217話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2014年22号のスキップビートは第217話です♪
第217話はおそらくコミック36巻に収録だと思います。

スキップビート36巻217話のあらすじ【ネタバレ注意】

イキナリだるまやにキョーコに会いにきた事情を説明する尚。
冴菜から尚の実家へキョーコの居場所が分かったので、もう心配しなくていいと連絡があったとのこと。
そして、尚の実家から事務所へキョーコの様子を見に行くようにとの連絡が。
忙しいシーズンが過ぎれば、もうしかしたら親がキョーコを連れ戻すためにやってくるかもしれないという尚。
「でも・・・」
(それあのヒトがそうしてくれって言った分けじゃないんでしょ)
(言ってるはずがない)
(だって)
同じ東京にいても自分に会いに来ようともしない母。
その母が自分を気にかけるようなことをするはずがないと思うキョーコ。

「・・・スマン・・・」
おっかないような少し寂しいような表情で押し黙るキョーコを見かねたのか、尚が意外な言葉を。
「何!?今の!!!キモチワルイ!!!」
殊勝な尚の言葉に驚愕するキョーコ。
「あんたもしかして・・・」
尚が自分の心配を・・・と一瞬思うキョーコでしたが、そんなことありえないと自己完結。

「アンタ、スキあらば私を地元で一生中居勤めさせようとしてんだし」
「それはお前が敦賀蓮に躓いただろう」
尚の一言に一瞬固まるキョーコ。
(うああああ今の敦賀さんへの気持ち気づかれる訳にいかないーーーーー!!!)
と心のなかでは動揺しまくりのキョーコですが、それをおくびにも出さず
「私には目指すものがあるって言ったでしょ」
「愛だの恋だのそんなものを一瞬でも最優先になんかしていられないのよ」
と、冷たい表情で言い放ちます。

キョーコの言葉を聞き安心したのか帰っていく尚。
キョーコはスマンという尚の言葉を思い出し、
(もしかして本当に爪の先ぐらいには心配して来たの?)
(私とあのヒトとの事で)
思い直します。
一方、迎えの車で帰っていく尚。
冴菜がキョーコのことを気にかけるなんてありえないと思いつつも、
(行方しれずだった娘の居場所がわかったんだ)
(いくら冴菜さんでも、もしかしたら)

部屋に帰りコーンの石を取り出し話かけるキョーコ。
失くすと嫌なのでグアムには持って行かなかったようです。
グアムでコーンに会ったことを話かけます。
「やっぱり・・・」
「連れて行ってあげればよかったね・・・」

翌日、BOX”R”の撮影へ向かうキョーコ。
現場へつくとなぜがザワザワとした雰囲気が。
共演者へ事情を聞くと、ちおリンがここへ来る途中事故にあったとのこと。
「病院へ搬送されたって連絡が・・・・!!」

スキップビート36巻217話の感想【ネタバレ注意】

尚がキョーコのところへやってきた理由は、実家から様子を見にいくように連絡があったからようです。
まあ、それは表向きの理由で尚がキョーコに会いたかったんでしょうが。
今更ですが、キョーコは行方知れずということになってたんですね(笑)
スキップビートはかなり連載が長いので、その辺の事情はもう曖昧になってました(笑)

その行方知れずだったキョーコの居場所が分かり、キョーコを預かっていた尚の実家は一安心でしょうが、母の真意はよく分かりませんね。
少しぐらいは心配しているのかどうか。
キョーコもそんなことはあり得ないと思いつつ、ホントは自分のことを気にかけていて欲しいようです。
今度、モー子さんのドラマの監修を務めるみたいですし、恐らくそのうちキョーコと接触することもあるんでしょう。
母の登場がこれからの展開にどう絡んで行くのか楽しみです♪