漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

日々蝶々9巻62話のネタバレ感想

  コメント (0)

マーガレット2014年23号の日々蝶々は第62話です♪
第62話はおそらくコミック9巻に収録。
9巻の発売日は2014年11月25日です。

日々蝶々9巻62話のあらすじ【ネタバレ注意】

火曜日ほんとに後平に会いに行くのか尋ねるあやに、こくりと頷くすいれんですが、
「すいれんはそのままでいいよ・・・」
と、あや。
喫茶店に川澄がいるのを見ると、そのまま帰っていきます。
喫茶店に入り川澄と二人になったすいれんは後平のことを言った方がいいのか迷っていると・・・
「クラスでさ、あいさつとかおく思ってない奴らもいるけど」
「芝石さんは心配しなくていいから」
と、川澄が話しかけてきます。
ひとりで全部やろうとする川澄に少し悲しそうな表情になるすいれん。
そして、後平に会い強くなるためのアドバイスをしてくれそうなことを伝えます。
自分じゃダメなのかという川澄ですが、川澄はやさしいからと説明。
それに声には出さないものの、後平に自分に似たものを感じているようです。

帰り道、無言の川澄に怒ったのかと心配になるすいれんですが・・・
「もうすぐ一年ぐらいっすね・・・」
そんなこと考えてくれているのかと意外そうなすいれん。
この前めぐながキスのタイミングは記念日を狙うといいと言っていたのを思い出し、真っ赤になってしまいます。
そんなことを考えているうちに分かれ道に。
川澄はペコリとお辞儀をして帰っていきますが・・・
急に戻ってきて、すいれんをギュッと抱きしめ、
「後平くんい何か嫌な事言われたらすぐ言ってね」

約束の日、待ち合わせの喫茶店にあやと一緒にいるとそこへ後平が。
「友達と来たら意味なくね」
すいれんをひとりで歩かせると危ないから送ってきただけというあやに
「弱いって原因そーゆー所にあんじゃね」

二人で喫茶店に入り話をするすいれんですが、声のトーンも空気も川澄とは全然違い男を感じさせる後平にビクビクします。
何を悩んでいるのかと聞かれ、川澄にあいさつしただけで周りの人に色々言われることを説明。
川澄だけを特別扱いするのがきっと周りは気に入らないと言う後平は
「全員にあいさつすりゃいんじゃね?」
「ハイタッチしながらサヨナラとか」
と、あっさりと言い放ちます。
男の人が苦手だというすいれんに、自分はモテるのは面倒くさいけど悪い気はしないという後平。
自分に対しビクビクした態度をとるすいれんが珍しく少し新鮮な様子。
いつもすいれんものとへ走ってかけていく川澄を見ていた後平。
(どこがそんなに・・・)
(多分分かりたかった)
(川澄の彼女の良さ)

喫茶店を出ると男の人からイキナリ声をかけられるすいれんを見て、しょうがなく一緒に帰っていく後平。
一緒に歩いていると、一瞬すいれんが壱(川澄の兄)に見え
(壱と同じ人種)
と、ちょっと嬉しそうな顔に。
すいれんの家につくふたり。
「さ・・・よ・・・う・・・な・・・ら・・・です・・・す・・・」
すいれんは両手を前に出し、目をつぶってビクビクしていると・・・
パァン
ハイタッチをしてニコリと笑う後平。
「やっぱハイタッチはしない方がいいんじゃねぇ?」
といい帰っていく後平を、
「・・・?・・・?」
と、なりながら見つめるすいれん。

日々蝶々9巻62話の感想【ネタバレ注意】

日々蝶々62話では、すいれんが後平くんに強くなるためのアドバイスをもらいに行きましたね~
この後平くん、すいれんが弱い原因はあやちゃんやなど周りが過保護すぎるからだと感じたようです。
前回までの話を見る限り、すいれんもそれは感じているようす。
川澄くんもあいさつのことなど自分がどうにかするからという感じで、すいれんはちょっと寂しそうでしたね。
二人ともすいれんは自分が守ってあげないと、と思っているんだような~
だからこそ、すいれんも後平くんに相談したんでしょう。

でも、過保護すぎるのもよくないけど、突き放しすぎるのもよくないと思います。
今でこそ強くなりたいと思えてきたすいれんですが、小さい頃からあやちゃんに過保護なぐらいに守ってもらってなければ、きっともう心が壊れてしまっていたでしょうね。
まあ、何事もバランスが大切ですね。

あやちゃんとは対照的に、この後平くんは突き放すだけでの弱い人の気持ちが分からない人なのかな?と最初思いましたが、そうではない様子。
突き放しつつも、守ってあげる時は守ってあげる感じのいい男ですね~(笑)
まあ、ちょっとだけなのでよくわかりませんが(笑)

それと後平くんちょっとすいれんを女性として意識したようにも見えましたがどうなんでしょう?
すいれんが強くなれるのか、後平くんがこの後にストーリーに絡んでくるのか色々楽しみですね♪