漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

四月は君の嘘10巻40話のネタバレ感想

  コメント (0)

月刊少年マガジン2014年10月号の四月は君の嘘は第41話です♪
第40話はおそらくコミック10巻に収録。
10巻の発売日は2014年10月17日です。

四月は君の嘘10巻40話のあらすじ【ネタバレ注意】

「お・・・おはよっ」
下駄箱で椿に会い、昨日のことを思い出し真っ赤になりながら挨拶をする公生ですが・・・
椿はプイと無視して去っていきます。
放課後、友達に付き合ってもらい一心不乱にソフトボールを打ち込む椿。
「有馬くんと何かあった?」
と、不意に聞かれ思わずバットを放り投げてしまいます。
必死に否定し、公生の悪口を言いまくる椿。
(もっと私のこと考えろバカ公生)
(届け届け私の打球—-)

ピアノのレッスン中。
この前の椿の言葉が気になってしょうがない公生。
腑抜けた態度に紘子から雷を落とされてしまいます。

「もう病院来なくていいから」
帰り道、いきなりかをりからそう告げられる公生。
何か悪いことしたかと考えますがよくわかりません。
(定期連絡がなくなったら)
(君に会いに行く理由がなくなっちゃう)
と、落ち込んでしまいます。

ピリリ
さっきあんなことを言ったばかりのかをりから、またすぐに電話が。
「見て見て飛行機が飛んでる」
公生も同じ飛行機が見えることを知り、空はつながってると感動するかをり。
「ぷ・・・あはは」
そんなことで電話してくるかをりに思わず笑ってしまう公生。
「また病菌に行くよ」
いいと断るかをりでしたが・・・
「君に会いたいんだ」
かをりのちょっとしたしぐさに一喜一憂し、胸が踊りだす公生。
(こういう気持ちを何て言ったかな)
(これはたぶん恋と呼ぶんだ)

久しぶりに渡と一緒にかをりのお見舞いに来た公生。
これまで渡と比べて落ち込んでいた公生でしたが、
「僕は宮園さんがとても好きだよ」
と、スッキリとした顔で打ち明けます。
「しっかり」「すぐ先生くるからね」
かをりの病室で大慌ての看護師さんたち。
ベッドのパイプをギュッと握っていたかをりの手が、ダラリと垂れ下がります・・・

今見た光景に呆然としながら帰る公生。
キキー
子猫車に轢かれたのに気付き、必死に病院へ運びます。
血だらけで震える手。
せっかく病院へ届けますが手遅れ・・・
うつろの表情で歩いていく公生。
公園で手を洗っていると思い浮かんでくるのは・・・
バイオリンを引くかをりの手
自分の手をひいていくかをりの手
先ほどのダラリと垂れ下がるかをりの手
そして、手のひらを合わせ、
「君でよかった」
と言うかをりを思い出し、泣き崩れる公生。

四月は君の嘘10巻40話の感想【ネタバレ注意】

やっとかをりが好きだという自分の気持ちに気づいた公生。
気づいたというか、どうせ渡には叶わないからと、好きという気持ちを認めたくなかったのかな?
その渡にかをりが好きなことを打ち明けることができ、
公生強くなったね!
と、思っていたところへイキナリかをりが重体っぽい感じに・・・
さすがにこれはキツイですね・・・
刻々と変わる状況に高揚したり落ち込んだり、こんなことを繰り返していたら心が壊れてしまいそうです。
公園での様子も視る限りもういっぱいいっぱいの様子。
現実を受け入れきれなくなった公生が、ピアノもかをりのことも諦めきってしまわないか心配です。
でも、かをりが必死に生きようとがんばれるのも、ピアノと向き合う公生と一緒にいたいため。
公生がすべてを諦めてしまったら、きっとかをりの生きる気力もなくなってしまいます。
公生はかなり苦しいと思いますが、なんとか現実から逃げずにがんばってほしいですね♪