漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

スキップビート36巻218話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2014年24号のスキップビートは第218話です♪
第218話はおそらくコミック36巻に収録だと思います。

スキップビート36巻218話のあらすじ【ネタバレ注意】

雨宮が運び込まれた病院へ駆けつけるキョーコ。
本人は首を少しひねった程度で済んだようですが、マネージャーの吉本さんは足を複雑骨折したようです。
ショックで呆然とした様子の雨宮。
しかし、キョーコに事故の状況などを話しているうちに少し落ち着いたようすに。
そこでキョーコにはひとつ疑問が。
なぜ、自分だけが病院に呼ばれたのかと監督へ尋ねると、なぜか吉本さんが意識が朦朧とする中キョーコを呼ぶように頼んだそうです。
なぜ自分が・・・と不思議がるキョーコ。

そこへ雨宮の事務所の社長がやってきます。
雨宮を心配し仕事を休むか尋ねる社長に、明日までは無理そうだと雨宮は答えます。
監督がロケ地の使用許可の心配をしていると、何を思ったのか雨宮を外へ連れ出すキョーコ。
明日の気の進まないバラエティを休むためには、今日のロケも中止しないと辻褄が合わない。
雨宮の本音をキョーコが言い当てます。
後々後悔するからやめた方がいいというキョーコに、雨宮はすでにそう言い出したことを後悔しているような表情に。

ロケ地を向かうことになり、驚くBOX”R”の共演者たち。
雨宮の容態を心配する共演者たちに、スタッフが雨宮の言葉を伝えます。
「役者とは」
「己の身に何が起ころうと演じる人生が宿命なのだから」
その言葉に共演者たちは感激。

雨宮と一緒に病院を出るキョーコ。
スタッフへ伝えた言葉は実は雨宮が尊敬する人の言葉とのこと。
「もしかして・・・敦賀さんですか・・・?」
と、尋ねますが、Mr.Dという人物とのこと。
ほとんど消えてしまった手の平のサインを見ながら、蓮のことを思い出すキョーコ。
ちゃんと食事を摂ってくれているか心配になります。
そんなことを考えていると雨宮から、明日の同行をたのまれてしまいます。

パソコンに向かう冴菜の携帯に電話がかかってきます。
明日、テレビ局での仕事をたのまれたようです。
パソコンの画面にはキョーコの記事が・・・

スキップビート36巻218話の感想【ネタバレ注意】

事故にあった雨宮さんはとりあえず大丈夫だったようです。
この事故を言い訳にして雨宮さんは明日のバラエティを休みたかったようですが、キョーコがうまく引き止めました。
吉本さんは、雨宮さんがバラエティを休もうとすることも、キョーコならそれを止められることも、分かっていてキョーコを呼んでもらったんでしょうね。
吉本さん、すごすぎ(笑)
そこまで分かるか、とも思いますが、どの世界にもすごい人はいるもんで、凄腕のマネージャーともなるとこんなすごい人も実際いるのかもしれませんね。

まあ、それはいいとして、次回はキョーコが雨宮さんの付き添いで、キョーコの母の冴菜も仕事でテレビ局入りするようです。
ここまできてニアミスってことはないと思うので、きっと久しぶりにに対面することになるでしょう。
冴菜もキョーコの記事を読んだりして一応気をかけているようです。
久しぶりに会った娘にどういう反応をするのか、母がどういう人なのか楽しみですね♪