漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

オオカミ少女と黒王子12巻42話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊マーガレット2015年1月号のオオカミ少女と黒王子は第42話です♪
第42話はおそらくコミック12巻に収録。
12巻の発売日は2015年3月ごろだと思います。

オオカミ少女と黒王子2015年1月号12巻42話のあらすじ【ネタバレ注意】

「これで信じたかバーカ」
テラぽんに告白されキスまでされたことを思い出すエリカ。
恭也の言うとおりになり自分がスキを見せてしまったことを反省します。
「ごめんなさい」
学校の休み時間、恭也と二人きりになると、テラポンとのことを謝るエリカ。
すると恭也も、「あいつのほうがよっぽど馬が合うよ」なんて言ってしまったことを謝ってくれます。
(好き!!!)
恭也に思いっきり抱きつくエリカ。
そして、テラぽんにキスと告白されたことも正直に話そうとしますが、恭也の顔を見ているとせっかく仲直りできたのをぶち壊してしまいそうで言い出せません。
とりあえず、バイトは辞めテラぽんともきっちり話をつけようと決心します。

そして店長にバイトをやめることを伝えたものの、イキナリ辞めることは認めてもらえず、あと1ヶ月続けることに。
エリカがバイトを辞めることを聞きつけたテラぽん。
どういうことかと迫ってくるテラぽんに、恭也と別れるつもりはないと伝えますが・・・
「ムカつくって言ってたの忘れたのか!?」
「大事なのはもっとあるだろ」
「そんなこともわからないバカな奴じゃなかったはずだよな!?」
などなど、聞く耳もたず畳み掛けてくるテラぽんに圧倒されてしまいます。

結局その日は納得してもらえず、そのまま次のバイトの日に。
「なあ来週の土曜ふたりでどっか行こうぜ」
ふてぶてしくデートに誘ってくるテラぽん。
また、ハッキリと断るエリカでしたが・・・テラぽんやはり納得してくれません。
めちゃくちゃ努力してやせて、エリカよりもいい子を捕まえようとしたものの、そんな子はいなかったことなどを語るテラポン。
そして、
「やっぱりオレの一番はずっとお前なんだよ」
「あいつなんかより篠原のこと好きに決まってる」
と言うテラぽんに、エリカは何も言えなくなってしまいます。
そして、そのビデオ店でのふたりのやり取りを、たまたま来店していた河西さんが見かけてしまいます。

学校
いつものように恭也や神谷、さんちゃんとツルんでいるエリカですが、テラぽんのことが解決せず元気がありません。
エリカの様子がおかしいことにみんな気づいているようです。
「エリカおまえ何か隠してないか?」
エリカに問いただす恭也でしたが、恭也が気を逸らした瞬間に逃げてしまいます。
怖くて言い出せず、しかし黙っている罪悪感で押しつぶされそうになるエリカ。

修学旅行の委員の仕事が終わり、帰りが一緒になる恭也と河西でしたが、イキナリ雨にふられてしまいます。
河西は折りたたみの傘に恭也を入れてあげようとしますが、それを断る恭也。
それでも無理に入れようとする河西に
「あんま馴れ馴れしくするのヤメロ」
と、恭也は冷たく言い放ちます。
そんあ恭也の態度を見て、
「ねえ、篠原さんて案外モテるんだね?」
「バイト先の男の子に熱心に言い寄られてるの見たよ」
と意地悪そうに先日目撃した出来事を伝える河西。

テラぽんがバイトが終わった後、公園へ呼び出すエリカ。
エリカは自分がいつもどれだけ恭也のことを考えているか説明します。
「恭也くんを好きって気持ちすごく大事なの」
「テラぽんの気持ちは嬉しかったけどやっぱりこの答えしか出ないよ・・・!!」
自分の素直な気持ちをハッキリと伝え、テラぽんなら分かってくれると思うエリカでしたが・・・
ぱん
「なんでわかんねぇの・・・・?」
「頼むから目ぇ覚ませよ」
エリカの頬を叩き、おっかない顔でそうつぶやくテラぽん・・・

オオカミ少女と黒王子2015年1月号12巻42話の感想【ネタバレ注意】

前回、エリカと恭也の仲がかなりこじれてしまったなあと思いましたが、意外とあっさり仲直りできてしまいました。
テラぽんにキスと告白された負い目があったのかエリカが素直に謝れたのがよかったんじゃないでしょうか。
前回のように相手の非をあげつらうんじゃなくて、自分の悪かった点をちゃんと謝れば相手も許さざるをえません。
恭也も自分が悪かった点を謝り、いい感じに仲直りできましたね♪

しかし、テラぽんのことだけは言い出せなかったようです。
てかテラぽん豹変しすぎじゃないかなあ(笑)
人の言うこと聞かないし、ラスト怖すぎだし(笑)
たまに自分の思っている答え以外は受け付けない面倒くさい人がいますね。
根拠のない自信に溢れている人とかに多い気がしますが(笑)
テラぽんはそんな感じには見えないんですけどね~

まあ、何にしてもテラぽんはエリカがいくら説得しても聞く耳もってくれそうにありませんね。
恭也が出てきて、話つくたりするんでしょうか。
どういう風にしてケリをつけるのか楽しみですね♪