漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

暁のヨナ18巻100話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2015年2号の暁のヨナは第100話です♪
第100話はおそらくコミック18巻に収録。
18巻の発売日は2015年3月ごろだと思います。

暁のヨナ18巻100話のあらすじ【ネタバレ注意】

刺されたゼノの傷が治り慌てる敵兵たち。
自分たちの見間違いかとあらためてゼノの心臓を一突きしますが、それもすぐに再生。
ゼノに怯える兵は、今度は両腕を切り落とします。
すると、切り落とされた腕が勝手に動いて敵を刺し、胴体へつながり再生。
「ぎゃああああ」
信じられない光景に絶叫する敵兵。
ヨナたちですら、驚きのあまり絶句。
「オレの姿が恐ろしいならどうか帰ってくれないか」
退却を願うゼノ。
しかし、そのゼノめがけて全軍が突っ込んできます。
体中切られても切られても再生するゼノ。
そして、ついに首をハネられますが・・・それすら再生。
「やっと会えたんだ」
「何度バラバラになっても俺はみんなの盾になる」

怯えながらも、さらにゼノを攻撃する敵兵達。
しかし、なぜか今度はゼノに傷をつけることすらできません。
「再生する度この体は鋼へと変化する」
ゼノの恐ろしさを目の当たりにして、ついに敵兵たちは敗走していきます。

「ゼノ・・・!」
「ゼノ・・・!」
ゼノに抱きつき、涙を流すヨナやユンたち。
「大丈夫」
「生きてるから」
「みんなかわいいなあ」

暁のヨナ18巻100話の感想【ネタバレ注意】

黄龍ゼノの絶対に死なない能力。
切られた傷もすぐに治るし、胴体から切り離された腕や首まですぐにくっついてしまいます。
正直、ちょっとグロかったですね・・・
おかげで敵兵たちは逃走していったわけですが。
さらに、再生するたびに体は固くなり力も強くなるようですが、
切られるのが前提って悲しい能力だと思います。
いくら再生するといっても、ヨナたちはゼノの体が切り刻まれるのを見たくないでしょう。
ゼノも自分の化け物のような姿をホントは見せたくないんじゃないかな。
ただ、ヨナたちが信じられない光景に驚愕はしたものの、
気味悪がる素振りは一切見せずに、最後ゼノへ飛びついていったのが救いでしたね。