漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

狼陛下の花嫁13巻66話のネタバレ感想

  コメント (0)

LaLa2015年2月号の狼陛下の花嫁は第66話です♪
第66話はおそらくコミック13巻に収録。
13巻の発売日は2015年9月4日です。

狼陛下の花嫁13巻66話のあらすじ【ネタバレ注意】

「あれ?君はじめて見る顔だね。新入り?」
妓館へ手伝いとして潜入した夕鈴。
蘭瑶の陰謀の片棒をかつぐ闇商人と柳経倬との密会の場をつきとめようと、あちらこちらへと動きまわります。

「おおやっと来たか」「待ちわびたぞ」
「わが腹心の部下よ」
きれいな女性に囲まれ愉快そうに酒を楽しむ柳経倬のもとに闇商人らしき人物が現れます。

「克右さん!情報っ手に入りましたっ」
入れる妓女が限られている部屋があり、柳経倬っぽい人物がいるという情報を夕鈴が掴んだようです。
克右そして雄大に後のことをお願いする夕鈴。
本当は自分も一緒に突入したいようですが・・・
「来なくていい」
ふたりにあっさりと却下されてしまいます・・・

「よく繁盛しているようだな女将」
別の部屋では陛下が妓女をつけず一人で酒を飲みながら、隠密からの報告を待っています。
陛下の美貌に遠目から黄色い声をあげる妓女たち。
そこへ、たまたまやってきた夕鈴が、妓女たちに押しやられて部屋の中へ・・・
「え?」
驚きのあまり一瞬固まってしまうふたり。

夕鈴をかかえ無理やり個室へ連れて行く陛下。
ベッドへ放り投げると
「誰が君をこんな場所へと追いやった?」
と、大声をあげます。
「ちがっちがうんです」
陛下に怒られたと思った夕鈴ですが、陛下の顔をよく見ると今にも泣き出しそうな表情をしています。
そんな陛下の首に腕を回し抱きつく夕鈴。
(会いたかった)
(離れたくなかった)
(その先に何があっても)

ドタンッ
大きな物音と妓女の悲鳴が聞こえてきます。
克右たちが突入したことを感じる夕鈴。
その夕鈴の様子も全ての事情を悟る陛下。
その場を向かおうとする陛下を夕鈴は引きとめようとしますが・・・
夕鈴へ陛下がいきなりキスを・・・
そして
「よくわかった」
「これはもう君がわるい!!」
と叫ぶ飛び出していく陛下。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

狼陛下の花嫁13巻66話の感想【ネタバレ注意】

今回は前回からの流れで手伝いとして妓館へ潜入した夕鈴。
元気がよくて働き者なのでこういう役はハマりますね。
夕鈴もノリノリ(笑)
闇商人たちの居所を掴み、雄大たちと一緒に突っ込もうとして
「来なくていい」
と、速攻で断られてしまうのが面白かったです(笑)
まあ、そのおかげ(?)で、陛下と偶然再会されてよかったですね。
やはり陛下も闇商人たちの情報を掴んで潜入していたようです。
いきなり陛下が怒り出したのには驚きましたが、よく考えれば陛下は何も事情を知らないので、夕鈴が妓館へ売られたと思ってもしょうがないですね。
その言葉とは対照的に、陛下のものすごく悲しくて寂しそうな表情がとても印象的でした。
その表情だけで陛下の夕鈴への思いが伝わってきますね。
次回は陛下も含めて闇商人たちの部屋へ突入かな?
これで一件落着で、夕鈴が陛下のもとへ戻れるといいですね♪