漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

花君と恋する私11巻41話のネタバレ感想 – 2015年3月号

  コメント (0)

別冊フレンド2015年3月号の花君と恋する私は第41話です♪
第41話はおそらくコミック11巻に収録。
11巻の発売日は2015年6月ごろだと思います。

花君と恋する私2015年3月号11巻41話のあらすじ【ネタバレ注意】

「パパちょっと・・・」
七世のお父さんは、おばあちゃんに呼ばれ怒られてしまい、しょんぼり。
そのころ七世と花君は・・・
もう帰ろうという花君に対し、
「も・・・もう一周してから・・・」
公園4周目に突入しようとする七世。
「か」「え」「る」「っつってんだろーが」
と、怖い顔をした花君に引きづられ帰って行きます。

「おかえり」
家の前で待っていたお父さん。
頭を下げて叩いたことを謝るお父さんに、七世も酷いことを言ってしまったと謝ります。
一応、七世と仲直りができた(?)お父さんは、花君も夕食に誘います。

玄関先、花君とふたりで話をするお父さん。
色々いったことを謝ります。
七世が花君に強い気持ちがあることを認め、もう何も言わないと約束。
しかし、ふざけたまねしたら許さないと釘を刺すお父さんに、花君は
「わかってます」
「おじさんが七世のこと大事なように」
「オレにとっても大事な人です」

おじゃましました~
夕食が済帰っていく花君と見送りに行く七世。
キスをしようと顔を近づける二人でしたが・・・
カタ・・・
急にお父さんが外に。
「やっぱりヤダヤダヤダーッ」

花君と恋する私2015年3月号11巻41話の感想【ネタバレ注意】

今回の花君と恋する私も前回に続き七世パパが面白すぎでした(笑)
怖い顔してヤダヤダって、前回同様子供のよう(笑)
まあ、大人になってみて感じますが、大人になっても周りと折り合いをつけるのが多少うまくなっただけで、中身は子供の頃とあんまり変わらないんですよね。
それは七世パパぐらいの歳になっても多分同じなのかなと思います。
しかし、父親にとって娘はこの世でダントツに大切な存在だと思うので、正直な気持ちを隠しておくことすらできないんでしょうね。
普段はきっと素直で正直ないい人なんでしょう(笑)
一応、父親にも認められた(?)ようですが、ちょっと七世に手を出せる雰囲気ではなさそうです。
これからどういう展開になるんでしょうね。