漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

アルスラーン戦記4巻21話のネタバレあらすじと感想

  コメント (0)

別冊少年マガジン2015年4月号のアルスラーン戦記は第21話です♪
第21話はおそらくコミック4巻に収録。
4巻の発売日は2015年12月ぐらいだと思います。

アルスラーン戦記4巻21話のあらすじ【ネタバレ注意】

今後のことについてダリューンたちと話をするホディール。ホディールはバルスを取り戻し、一刻も早くアルスラーン殿下が王都に入城することを願っているとのこと。しかし、ナルサスが殿下が最近奴隷制度に疑問を持っていることを話すと、少し微妙な表情に。

食事を終えアルスラーン一行を部屋へ案内するホディール。個室の殿下に対し、ナルサスたちは4人部屋に押し込まれます。ホディールは娘を殿下の后にし権力をふるいたいように見えますが・・・

ホディールを抱える兵力を考えると敵にまわしたくはないナルサス。どう対応していいもののか頭をひねります。しかし、ふと怪しげな天井を調べてみたところ、催眠効果のある薬を発見。これでどう対応するか決まります。

窓から殿下の部屋へ忍び込んだギーヴ。扉の前の見張りを眠らせるため、さきほどの薬を隙間からそっと差し込みます。見張りが寝たのも見計らって、ギーブはアルスラーン殿下を自分たちの部屋へ。

部屋に案内された際、ホディールから2つの条件を出されたというアルスラーン。ひとつはホディールの娘を后にすること、もうひとつは奴隷解放など考えないこと。即答はできないため、アルスラーンは明日返事をすると答えたようです。

ホディールの思惑を推しはかるナルサス。アルスラーン殿下の外戚となり権力を振るうか、あるいは殿下の首を手土産にルシタニア軍に降り恩賞を受け取るか・・・

どちらにせよ、自分の欲望のためにアルスラーンを利用するつもりのように思えます。今夜中にホディールが何らかの行動を起こすと読んだナルサス。ギーブにアルスラーンを部屋を送らせ、エラムにはなにか言伝をしてどこかへ向かわせます。

そのころ、ファランギースは。部屋で精霊がざわめくのを感じているようです。窓を開けてみるとそこにはギーブが。
「精霊が窓から足を出せとささやいておる」
窓から突き落とそうとします。
「待て待て待てファランギース殿」
慌ててナルサスから伝言があることを伝えるギーブ。
すると、ザワザワと場内に敵兵の気配を感じます。
「わかりやすいねぇ」
「ホディール殿」

アルスラーン戦記4巻21話の感想【ネタバレ注意】

ホディールがやはり何か仕掛けてきそうですね。まあ、最初から怪しさ満点という風体でしたが(笑)アルスラーン王子の首を取るつもりなのか、武力にものを言わせて無理やり従わせるつもりなのか・・・その辺はまだ分かりませんが、どちらにせよ戦うことになるんでしょうかね。

しかし、兵力を得るためにホディールのもとへ来たわけで、敵対してもしょうがないんですよね~ まあ、ナルサスのことなので、ホディールを失脚させて兵は自分たちに味方させるような策があるんじゃないかなあと思います。エラムに何か言ってましたしね。

ナルサスがどんな策を用意しているの楽しみです♪