漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

俺物語4巻14話のネタバレ感想

  コメント (0)

俺物語4巻14話のあらすじと感想です。
以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

俺物語4巻14話のあらすじ【ネタバレ注意】

教室で他の男子とバカなことをしている猛男を、少し頬を紅らめながら見守る西城。
砂川はそんな西城の様子に気づいて、黙って見つています。

他の女の子が猛男を好きにならないかと、まだ気になる様子の大和。
友達に相談すると、とりあえず彼女いるアピールのために、ストラップをあげることを勧められます。
早速、ストラップを買って猛男と待ち合わせすることに。
待ち合わせ場所に、猛男が砂川と一緒に向かうと・・・
「たけおくんっ・・・」
「剛田っ・・・」
同時に声をかける大和と西城。
互いに顔を見合わせ固まってしまいます。
猛男が互いを紹介すると、西城はリレーの時のお礼にとタオルを手渡します。
喜んでくれる猛男を見て、西城も嬉しそう。
しかし、ちょっと微妙な表情の大和を見て、早々に帰っていきます。
一方、さきほど買ったお揃いのストラップを猛男にプレゼントする大和。

猛男は早速携帯につけてみると・・・
大和とツーショットのプリクラに、かわいいうさぎのストラップ。
(オレのケータイとは思えん)
(オレのケータイが)
(かわいい)
と、大喜び。
しかし、大和はやはりまだ微妙な表情のまま。

翌日、慌てて猛男を追いかけて、階段で足をくじいてしまう西城。
肩を貸してくれるという猛男に真っ赤になりますが・・・
体のサイズが違いすぎるふたり。
「オレが肩貸そうか」
その様子を見ていた砂川が声をかけますが、あからさまに嫌そうな顔になる西城。
結局、砂川でも背が高すぎて、おぶってあげようとしますが・・・
またまた嫌な顔をする西城。
(珍しいなすな)
(西城を好きなのか?)
えらく積極的な砂川に猛男が驚いていると・・・
「剛田におんぶしてほしい!」
と言われ、結局猛男がおぶって送っていくことに。

「たけ・・・」
この日は校門まで来ていた大和。
猛男を見つけて声をかけようとしますが・・・
西城をおぶる姿を見て寂しそうに引き返していきます。
大和の姿に気づいた猛男は、事情を説明し砂川と待っていてもらうことに。
「西城さんてたけおくんのこと好きだと思う?」
「グレーだね」
猛男を待ちながら砂川へ相談する大和。
初めての気持ちに戸惑っているようです。
しかし、絶対に猛男は譲れないと気を引き締めていると・・・
「大和!」
あっという間に戻ってきた猛男を見て、笑顔に。

翌日の放課後、西城は猛男を鶏小屋の前に呼び出します。
そして、この日も校門まできた大和は砂川にそのことを聞き、鶏小屋へ向かうと・・・
「私剛田のことが」
「好きなんだっ」
「・・・に」
「人間としてっ・・・」
「だからっ師匠って呼んでいい?」
戸惑いながらも必死に頼まれていることを断れない猛男。
「おう!」
と、返事をすると、西城は頬を紅くしながら走り去っていきます。

「・・・よかった~・・・・」
猛男が大和に気づくと、ホッとした表情を見せる大和。
自分はモテないと言いながらも、大和を不安にさせたことを悪く思う猛男。
(大和にモテればそれでいい)
(あの時偶然)
(大和と同じ車両に乗れてよかった)
(大和がオレを好きになってくれてよかった)
(大和に会えてよかった)

俺物語4巻14話の感想【ネタバレ注意】

西城さん、なんじゃそりゃ~(゜o゜;
そこまで言ったなら、ちゃんと気持ちを伝えようよ(笑)
猛男に彼女がいることを知って、それでもわずかな可能性にかけたのか、それとも自分の気持ちに一区切りつけたかったのか・・・
それはよく分かりませんが、キチンと想いを伝えるのはすごいと思います。
でも、最後にひよっちゃったね~
まあ、好きな人にほど、ちゃんと言えないのは分かるけどね。

それにしても、大和も猛男も人間として好きっていうのに納得したのか(笑)
ちょっと微妙な感じの関係になってしまい、西城さんとどういう結末になるのか楽しみですね♪