漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ちはやふる28巻147首のネタバレ感想

  コメント (1)

BE LOVE 2015年12号のちはやふる147首のあらすじ&感想です♪
147首はおそらくコミック28巻に収録。
28巻の発売日は2015年8月28日です。

ちはやふる28巻147首のあらすじ【ネタバレ注意】

決勝リーグ進出校決定

決勝リーグへ進出する4校が決まり、負けた学校の部員たちはみな涙を流します。なかには部を作ったばかりの学校もあり、創部の苦労を知るちはやには他人ごとには思えません。

創部2年目で全国優勝した瑞沢や、かるたを初めて3年で名人になった周防名人、15歳でクイーンになった若宮詩暢などに憧れ、自分たちもと夢を見たものの、現実の厳しさに絶望する彼女たち。

ちはやに勝者の責任が重くのしかかります。

東京大会決勝リーグ当日

決勝はみんな袴で望むことを知らず、予選とは逆に今度はちはや一人だけジャージ姿。あまりにもショックすぎて、ちはやが絶叫してると、北央OBの須藤たちがやってきます。

今、瑞沢のかるた部がガタガタだという噂を聞きつけ、からかう須藤たち。ちはやはいい1年が入って今年の瑞沢も強いと反論しますが・・

「真島の抜けた穴が埋まるくらい?」
「あいつの穴なんて」
「たいしたもんじゃなかった?」

そう言われると、何も言い返せません。

決勝リーグ開始

決勝戦、ちはやはメンバー表に自分の名前を見つけると・・・

へっへっへっへっへっ

あまりの嬉しさに不気味に笑い出します。

相手は朋鳴。しばらく休んでいたにも関わらず、圧倒的な力を見せつけるちはや。

(この空気)
(団体戦)
(一人じゃない)
(この空気のなかで)
(私は)

瑞沢一勝

「瑞沢」
「1勝!」

あっという間に、一勝目をあげるちはや。しかし、ちはやに負けることは織り込み済みで、全く慌てる様子のない朋鳴メンバー。そして、朋鳴顧問の坪口先生は・・・

(なんでだろう)
(どんなに強くても)
(なんとなく千早ちゃんはいま)
(瑞沢のエースじゃない)

逆に、

(えっもう!?)
(もうか)

瑞沢の方が浮足立ってしまいます。ちはやが一勝目をあげたことが、足枷になったかのように苦戦し、リードを広げられていく瑞沢。

瑞沢の戦況を眺める須藤は・・・

(からかい半分だったのに)
(5人並ぶともう無視できねぇな)

「あいつの抜けた穴なんて」
「たいしたもんじゃなかった?」

「真島の抜けた穴」

ちはやふる28巻147首の感想【ネタバレ注意】

他のメンバーが成長したところに、ちはやが復帰して鬼に金棒かなと思っていたんですが、そうもいかないみたいです。団体競技って難しいなあ~

富士崎の桜沢先生が、新の学校と練習試合をした時に、

「瑞沢は圧倒的なエゴイストと、圧倒的なリーダーのチームだった」

ということを言ってましたが、チームをまとめる太一がいないと、ちはやのエゴイストとしての悪い部分ばかりが目立っちゃうでしょうか。

まだ全然太一が戻ってくる気配は見られないですが、一体いつ復帰するのか心配ですね。