漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ちはやふる35巻180首のネタバレ感想

      コメント (5)

BE LOVE 2017年8号のちはやふる180首のあらすじ&感想です♪

180首はおそらくコミック35巻に収録されると思います。

ちはやふる35巻180首のあらすじ【ネタバレ注意】

千早と速水さん

足の痛みのせいか集中力を欠き、凡ミスを繰り返す千早。そんな千早に、速水さんは呆れてしまいます。

(綾瀬さんてたしか瑞沢のキャプテンだったのに)
(わたわてしてる)
(慌てすぎ・・・)

一方、流れるようなきれいな渡り手が冴え渡る速水さん。まだ序盤だというのに、千早はあっという間に4枚差をつけられてしまいます。

(きれいな渡り手を見ると)
(思い出しちゃうな)

千早は太一の姿を頭に浮かべていると・・・

ビクッ

何かを感じた千早が、身をすくめます。

(お・・・)
(お~~~~~)
(畳に引っかかって爪の割れがまたひどく・・・)

親指の爪を見て、青ざめる千早。そんな千早を、速水さんが怪訝な表情で見つめます。

(綾瀬さんって・・・)
(もっと集中力のあるタイプかと思ったのに)
(チームでないと強くないタイプ?)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

速水さん

試合中、ゆーみんが速水さんの方へチラリと目をやります。

(1回戦から綾瀬さんが相手・・・)
(きついけど)
(相性は悪くない)
(化ける可能性がある)
(がんばれ)

子供のころ友達を作るのが苦手で、1人で黙々とやる書道にハマった速水さん。しかし、上達するほど苦しくなってしまいます。

そんな時、おじいちゃんが倉庫に大事にしまっていた、豪華か百人一首の札を見つけます。

「節奈さわっちゃいかん~~~~」

12万もする札を子供が汚しはしないかとハラハラするおじいちゃん。

それからというもの、速水さんは触ってはいけないけど とてもきれいな札をお手本に、習字を書き続けます。

(書道は)
(筆を置いた瞬間にその先の字が決まる)
(私の腕は)
(一画目から筆とつながる)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

速水さんとゆーみん

今度は速水さんが、ゆーみんの試合に目をやります。

(由美さん・・・)

高校から競技かるたを始め、すぐにいいところまでいくようになった速水さん。しかし、いつも今一歩のところで負けてしまいます。

そんな時・・・

「ねぇあなた」
「もっと配列を工夫するといいよ」
「漠然と取るだけじゃなくて」

速水さんに声をかけるゆーみん。

(たしか)
(山本由美さん)
(1期だけの元クイーン)

それから、速水さんはゆーみんの元へ通うようになり、色々なことを教わります。

ゆーみんは速水さんの特性を活かすため、自陣右下段と自陣左上段を狙うようアドバイスします。

「一般的には狙わない箇所よ」
「二・三字に対する速水さんの独特な反応と」
「特殊な狙いの設定があれば」
「どんな相手に大しても主導権が握れる」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

千早

ゆーみんに教わったことを活かし、攻めまくる速水さん。千早相手に圧倒的なリードを奪います。

試合中盤、千早は割れた爪にティッシュを巻きつけると、ふーっと大きく息を吐きます。

(10枚差・・・)
(怖いなあかるた)
(あんなに練習してても)
(足元がふらふらしてたら主導権を握られる)

すうーっと息を吸い、集中力が増す千早。

一方、速水さんは独特の感性が今度は裏目に出て、次の札でミス。

3字決まりなのに、1文字目からスッと手が伸びる速水さんを見て、千早は笑みがこぼれます。

(かるたは怖い)
(でも)
(おもしろい)
(かるたとこんな)
(変なつながり方してる人)

次の札、すごい気合で速水さんを制する千早。

(聞こうあとで)
(速水さんはどんなふうに札を聞いてるの?)
(感じてるの?)
(私)
(私はね)

千早の感覚が研ぎ澄まされ、1字決まりに圧倒的な反応を見せるように。しかし、2,3字決まりでは、速水さんが負けじと取り返し試合は一進一退。

そして、7枚差となった時・・・

歌が読まれる直前、次の札がスッと浮き上がります。

(私はね)
(だれも信じないだろうけど)
(ときどき)
(読まれる札が浮いて見える)
(ほら数学でいくX軸Y軸)
(ふつうのかるたがそれで)
(そこに)
(ときどき見えるの)
(Z軸が)