漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

コーヒー&バニラ9巻37話のネタバレ感想

      コメント (0)

Cheese!2018年6月号のコーヒー&バニラ36話のあらすじです♪

37話はコミック9巻に収録されると思います。

コーヒー&バニラ9巻37話のあらすじ【ネタバレ注意】

リサと深見さん

夜、一緒にお酒を飲むリサと深見さん。

「ふ♪」
「ふ♪」
「ふかみさん♪」
「大好きです」

リサはとてもご機嫌で、深見さんにぎゅうううっと抱きつきます。

「リサって酔うと大胆になるよね」

深見さんは、愛おしそうにリサの頭をナデナデ。

そして、深見さんがワインをグイッと飲むと、リサはウットリとその顔を見つめます。

「深見さんがお酒強くてよかったです」
「これ以上 色っぽくなってモテたら大変です」

寂しそうなリサの顔に、ゾクッとする深見さん。

「それはオレのセリフだよ」
「オレ以外の前で酔っ払ったらダメだからね」
「こんな可愛い姿は」
「オレだけに独り占めさせて?」

深見さんはリサをソファに押し倒し、キスをします。

(私だって独り占めしたい)
(どんな深見さんも誰にも見せたくない)
(私だけが知ってたらいいのに・・・)
(なんて・・・)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

数日後

数日後、なっちゃんのバイト先の店長に誘われて、お店のお花見へ来たリサ。

リサがなっちゃんとお花見しながら飲んでいると、何と阿久津さんまでやってきます。

「なっちゃん阿久津さんだよ」

リサが声をかけるものの、なぜかなっちゃんは不機嫌そうな顔に。

「うちの店長と阿久津さんって前に噂あったってさ」
「だから今日も来たんじゃない!?」

そう言いながら、なっちゃんはゴクゴクとお酒を飲み干します。

なっちゃんのいい飲みっぷりを見て、他の男性がさらにお酒を勧めようとしていると・・・

それを阿久津さんが取り上げ、自分が飲んでしまいます。

「こいつにあんまり飲ませんな」
「あとが大変だぞ」
「ハタチらしからぬ説教たれて面倒くせぇしな」

「な・・・っ」

阿久津さんの言葉に赤面するなっちゃん。そんななっちゃんの頬をふにっと掴むと、阿久津さんは自分の方へ顔を向けさせます。

「お前もほどほどにしとけ」
「気ぃ抜いて他の男に喰われんなよ」

そんな2人の様子を、リサは微笑ましそうに見つめます。

(阿久津さんも独占欲あるんだなぁ)

お花見の最中、桜の写真を取り、深見さんへ送るリサ。このところ深見さんとても忙しいらしく、ろくに顔すら見れていません。

(私も深見さんと一緒に桜 見たいよ)

お花見からの帰り道。リサが深見さんのことを考えながら帰っていると、レストランの窓辺に深見さんの姿を見つけます。

ここは窓の外に桜が咲いていて、桜を見ながら食事ができると評判の店のようです。

(深見さん・・・)
(もう素敵なお花見してた・・・)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

夜、なぜか雪に付き添われながら、深見さんが帰ってきます。

「たーだいま」
「リサ」
「リーサ」
「リサ♡」

リサの顔を見るなり、抱き寄せキスをする深見さん。いつもとどこか様子が違うように感じます。

「リサ様あとは頼みましたよ」
「社長は連日の激務の後」
「会食3件こなした状態です」
「誰も気づいていませんでしたが」
「おそらく相当酔ってます」

リサは先程 見た深見さんは会食の最中だったのだと分かり、ホッとします。

雪が帰って、二人っきりになると、またキスをし桜の写真のお礼を言う深見さん。

「で」
「でも深見さんも・・・」
「お仕事でお花見を・・・」

リサは、気まずそうにそう言いますが・・・

「そうじゃなくて」
「オレがしたいのは」
「リサと二人っきりのお花見だから」

深見さんは、そう言って後ろからギュッとリサを抱きしめます。

(深見さんも・・・?)

リサは、感激と恥ずかしさで真っ赤に。

それから、深見さんは寝室にいかず、すぐにリサの身体を求め始めます。

酔っ払った深見さんはとても色っぽく、リサはいつもよりもドキドキしてしまいます。

「こんなに酔ってる姿は」
「私の前でだけにして・・・ください」

切なそうに、深見さんをぎゅううっと抱きしめるリサ。

「大丈夫だよ」
「リサにしか見せない」
「リサだけだ」

リサを愛おしそうに見つめながら、深見さんはリサの耳元でささやきます。

翌日、2人はリサが作ったお弁当を持って、近所の公園へ。誰も人がいないのを見て、リサはパアッと顔を輝かせます。

「そんなにオレと桜」
「独り占めしたいの?」

深見さんから訊かれ、にっこりと微笑むリサ。

「・・・はい」
「独り占めしたいですっ」