漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダメな私に恋してください7巻27話のネタバレ感想

  コメント (0)

ダメな私に恋してください27話のあらすじです♪
27話はコミック8巻に収録されています。

ダメな私に恋してください8巻27話のあらすじ【ネタバレ注意】

お店

営業時間が終わり、帰っていくミチコやテリー達。ミチコが挨拶をしようとすると・・・

「あ゛?」

恐ろしい形相で、主任が振り返ります。そんな主任に、チリー達は出来る限りの力になることを伝えます。

「私もお店のためだったら何でもします」

「お前はいいよ」
「何かめんどくせーことやらかしそうだから」

「なんすかそれ失礼な!」
「私だってお店のために恥をすてて」
「ひまわりおばさんとして貢献してるでしょうか」

「ひまわりおばさん プッ」

「笑うとこじゃねっすよ」

店を出て行くミチコ達。テリー達は、もうお店がなくなると思うと、寂しくてたまりません。

そして、ミチコもお店がなくなると、もう主任に会えなくなってしまいます。

(主任と私をつなぐものは)
(あのお店しかないんだから)

次の日

翌日、残業と父の電話の結婚へのプレッシャーでヘロヘロトになるミチコ。主任に会いたくなり、お店へ会いに行きます。

「閉店しましたお帰りください」

冷たくあしらわれるミチコ。それでもメゲずにオムライスを作ってもらいます。しかし、出来上がったオムライスの上には、ケチャップで「BBA」の文字が。

「やったーいただきまーす!」
「BBAってなんですか?」

「ババア」

「このやろうやるならやるよ表出な」

「100%俺が勝つけどな」

「すみませんでした」

そんないつものやり取りの後、主任が酒を飲みながら、ボソボソと語り始めます。

おばあちゃんが倒れて、店を一旦閉めた時、仕事で疲れた心を癒やす場所がないことに気付いた主任。いつも店に集まっていた連中からもさみしいと聞き、おばあちゃんの変わりに、自分がこの場所を守ろうと決意します。

「けど・・・まあ・・・そうだな・・・」
「ばあちゃんがいらないって言うなら・・・」
「もうやめた方がいいのか・・・な・・・」

そう言うと、酔いつぶれてしまう主任。ミチコには、主任の辛い気持ちと、お店への愛が痛いほど伝わってきます。

(私にとっても大事な場所だから)
(やめないでほしいと思う)
(けど)

翌日、ミチコは春子へ相談することに。春子も事情は知っています。

やはり主任のお父さんがからんでいるようですが、意地悪ではなく主任の将来のことを心配してのことだという春子。

実は春子も、お父さんに反対され花屋さんを辞めさせられたそうです。しかし、そのおかげで忙しい一(主任のお兄さん)とスレ違いにならずに済み、自分にとって一番大事なものに改めて気づきます。

「もしかして私ノロケられてます」

「そうですー♡」
「新婚だものー♡」

「でうしょねー」

と、ノロケながらも、お父さんに感謝していると言う春子。

(一番大事なもの・・・か・・・)

すると春子の携帯に電話がかかってきます。

「え!?」
「薫おばあちゃんが倒れた!?」

「・・・え?」

病院

急いで病院へかけつけるミチコ。しばらくして主任が走ってやって来ます。ミチコが今は落ち着いていることを伝えると、主任はほっと一安心。

おばあちゃんに心配かけるぐらいなら、もう素直に店をやめるという主任。

「主任はそれでいいんですか・・・?」

「・・・ああ」

主任は寂しそうな顔をしながら答えます。

(全然よくないじゃん)

そこへ、お兄さんが歩いてきます。お兄さんが、おばあちゃんを診ていてくれることになり、主任は帰ることに。その帰り際・・・

「兄貴」
「親父に店やめるって言っといて」

「ええ!?」

(嫌です主任)
(あのお店がなくなっちゃうのはいやです)