漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダメな私に恋してください8巻30話のネタバレ感想

  コメント (0)

ダメな私に恋してください30話のあらすじです♪
30話はコミック8巻に収録されています。

ダメな私に恋してください8巻30話のあらすじ【ネタバレ注意】

お店

お父さんが帰り、お店に残された主任とミチコ。主任はお父さんに最後に言われた「逃げている」という言葉に、ぐうの音も出なかったと認め、落ち込みます。

しかし・・・

「愛です!」

先ほどのミチコのセリフを思い出すと、ツボにハマッたらしくクククと笑います。

時間をかけて、なんとかお父さんを説得してみせるという主任。そんな主任を励ましながら、ミチコは帰っていきます。

「絶対ですよ」
「主任ファイト!」

「はいはい」

「気合が足りん!!」

「うるせぇなとっとと帰れ」

「なにをぅ!?」

部屋に戻ったミチコは、ボンヤリとテレビは眺めます。すると、スィーツの特集の番組に主任のお父さんが登場。

ブッと飲み物を吹き出すミチコ。

(主任のお父さん!?)
(会社ってスイーツ!?)

翌日

翌日、出社したミチコは、なんとタイミングよくお父さんの会社の目玉「黒沢ロール」の差し入れをもらいます。同僚に聞くと、やはり今黒沢ロール大人気とのこと。

会社の近くにも店舗があることを聞き、就業後のぞきに行ってみるミチコ。すると、ちょうど主任のお父さんが出てきます。そして、なぜか強引にミチコを食事に連れて行くお父さん

(なんだこれ・・・帰りたい・・・)

なぜ、こんな状況になったのか理解できず、真っ青に。

(でも・・・見たことない厚さのお肉が私を帰さない)

恐る恐る話をしだすミチコ。するとお父さんは意外にも、主任にとってあのお店がどれだか大切なものかちゃんと理解しているようです。それなら、どうしてあんな態度を取ったのか不思議に思ったミチコが訊ねます。

冷酒をぐいっと煽るお父さん。

「だからぁー!」
「もうどうしていいか分からないんだよぉ!」

「うわ めんどくさい」

「そうなんだよ」
「俺めんどくさいの!!」

「いえ まあ そうですね」

急に豹変し、泣き出すお父さん。どうやら泣き上戸のようです。

「生意気だし」
「素直じゃないし」
「俺に似て面倒くさいし!」

「あ それはわかります」

「わかる!?ほんと!?」

変なところで意気投合する二人。ミチコはきっとお父さんが素直にならないと、主任も素直になれないことを伝えます。

食事を終え、店を出るともうお父さんは素に戻っています。話を聞いてくれたお礼を言うお父さん。そして、タクシーを止め、ミチコを送らせます。

タクシーに乗り込むミチコに、後ろから声をかけるお父さん。

「店が再開したら」
「またあいつをよろしくたのむ」

お店

「オムライスをひとつください」

お店にイカツい顔のお父さんがやってきて、「おばあちゃんの元気が出るオムライス」を注文します。不気味なものを感じる主任。しかし、客としてやってきたと言われると、断ることができません。

主任が作ったオムライスを食べながら、ボソボソと話をしだすお父さん。そして、なぜこの店を続けたいのか、この前と同じ質問をします。

「・・・愛だよ」
「この店と」
「この店に来てくれる人を愛してるからだ」

ミチコと同じことを答える主任。あの後、色々考えたみたところ、結局この答えに行き着いたことを伝えます。

この前と同じく、「くだらない」というお父さん。しかし、本気でそう思うなら、やれるところまでやってみるよう伝えます。

きれいにオムライスを平らげたお父さんが帰っていきます。店の外まで送る主任に、お父さんは唐突に結婚するつもりはないのか訊ねます。

素直じゃない主任には、素直で面白いあのアルバイトの子が合うんじゃないかと言うお父さん。

「・・・かんべんしろよ」
「あいつは素直っていうか」
「何も考えてねぇアホだ」

「そうか」

お父さんが愉快そうに笑い出します。そして、つられて笑い出す主任。

再開

お父さんに認めてもらうことができ、お店が再開します。

「アホの力技のおかげだな」

皮肉っぽく、礼を言う主任。

「ん?アホって私のことです?」

「そうです」

「おいおい聞き捨てならねえですね」

「ここは素直に感謝するところでは?」

「なるほど」

すぅーーーと体を寄せる主任。

「ありがとう」

そう言って、主任がミチコをギュッと抱きしめます。

「ギャーーー--」

絶叫し、ジタバタするミチコ。どうせまた自分をからかっているのだろうと思いますが、主任はシュンとしていて、どうもそういう雰囲気でもありません。

「主任・・・?」

しばらくして、ようやくミチコを解放する主任。赤くなっているミチコを見て、ハハハと主任が笑い出します。

「・・・ピュアな乙女をからかうとバチ当たりますよ」

「モテない三十路女しか見当たりませんけど」

「このやろう!!」
「呪ってやる!」
「拭いても拭いてもメガネがくもる呪いで呪ってやるからな!」

「・・・・・・」
「すげー嫌だなそれ」

プンプンしながら帰っていくミチコ。

(あのやろう)
(モテない女を全力でバカにして~~~~)
(スケベメガネっ)