漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダメな私に恋してください8巻32話のネタバレ感想

  コメント (0)

ダメな私に恋してください32話のあらすじです♪
32話はコミック8巻に収録されています。

ダメな私に恋してください8巻32話のあらすじ【ネタバレ注意】

この日はとても良い夢を見るミチコ。寝坊するミチコに、主任がお仕置きのキスをしようとしてきます。そんな主任を相手にはしゃぎまくるミチコ。

「とっとと起きろっつってんだよ」
「きんもちわりぃ顔していつまでもねぼけやがって!!」

いい夢をぶち壊し、主任がミチコを叩き起こします。気持ち悪いという言葉に怒りながら、主任が作った朝ごはんは一緒に食べていると、ミチコはすっかり元気になった様子。

主任のおかげで変質者のことなど、すっかり忘れていたミチコ。しかし、そのことを思い出すと、急に震えてきます。

変質者に部屋の場所を知られてしまい、引っ越そうにもお金はなく、途方にくれるミチコ。

「・・・・・・」
「じゃあ とりあえず最低限な荷物まとめろ」

そんなミチコに、仕方なさそうに声をかける主任。なんと、また店の二階に住まわせてくれるとのこと。もう、あんなことはごめんだと、主任はため息をつきます。

「寿命縮まるっつの」

主任が自分を心配してくれていたことが分かり、ミチコの胸がトキメキます。

(もう)
(なんだよ)
(やっぱり私)
(主任が好きだ~~~)

お店

仕事を終えて、ミチコが店へ帰ってきます。主任が作ったオムライスを食べていると、この後一緒に銭湯に行くよう告げられます。いま店のお風呂が壊れてしまっているようです。

(なに)
(この突然の神田川)
(でも)
(なんかいいなこういうの)

予期せぬ出来事に、ポカーンとなりながら銭湯の湯に浸かるミチコ。そして、ミチコが銭湯を出ると、主任が待ってくれています。

(いいな!)

主任と並んで帰っていると、背後でガサガサと音が。体がピクンと震えるミチコ。しかし、よく見るとビニール袋が風で飛ばされていただけだったようです。

部屋に戻り、ベッドに横になるミチコでしたが、主任のことを考えているとなかなか眠れません。

(自ち帰りたくないなあ)
(やっぱりひとりはこわいしさみしいし)
(誰かと一緒にいたい)
(できれば)
(主任と)

主任の部屋

廊下で足音がするのを聞いたミチコが、部屋から出てきます。これから映画を見るという主任に誘われ、主任の部屋で一緒にDVDを見るとことに。

(わあ)
(一緒に住むってこういうことか)
(いいなあ)

並んで映画を見ながら、疑問に思っていたことを訊ねるミチコ。

「・・・あの」
「私の夢かもしれないんですけど」
「昨日 主任私の手握ってくれませんでした?」

「夢だろ」

「・・・やっぱり」

しばらくして、またミチコが訊ねます。

「・・・主任」

「はい」

「私今起きてますよ」

「知ってるよ」

ミチコの手が主任にギュッと握りしめられています。互いの方を向き合うふたり。

「顔近くないですか」

「じゃあ離れれば」

「え」
「でも」

「柴田」
「おまえうるさい」

ミチコを黙らせ、そっと唇を合わせる主任。

(え・・・)
(えええ!?)