漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダメな私に恋してください9巻34話のネタバレ感想

  コメント (0)

YOU2016年2月号のダメな私に恋してください34話のあらすじです♪
34話はおそらくコミック9巻に収録。
9巻の発売日は2016年4月ごろだと思います。

ダメな私に恋してください9巻34話のあらすじ【ネタバレ注意】

ベッド

ベッドの中で主任に抱きしめられるミチコ。

(ギャーギャーうるさいからだっこして寝かしつけるなんて)
(犬や猫じゃあるまいし)
(こんなのでごまかせると思わないでください)

と、怒りますが・・・あっという間にスカーッと眠ってしまいます。

「・・・寝んのかよ!」

呆れてしまう主任。

(寝たわ・・・)

翌朝、起きたミチコはあんな状況でアッサリ寝てしまった自分に、やはり呆れてしまいます。

お店

気まずそうにお店へ出てきたミチコ。しかし、主任はすぐに寝てしまったミチコをバカにし、あとはツーンと知らん顔。

ミチコは主任がどういうつもりであんなことしたのか分かりません。ハァとため息をつくミチコ。

(だって主任の手あったかくて)
(なんかすっごい安心しちゃうんだよなあ)

お店が始まると兄と春子が、生まれてくる子供の名前の相談にやってきます。しかし、早くも親ばかっぷりを発揮する兄たちを、主任は適当にあしらい相手をしません。

そんな主任に春小が訊ねます。

「歩くんはー?」
「結婚のご予定ないのー?」

主任をじーっと睨みつけるミチコ。しかし、返事は「ねーよ」。

「今好きな子いないのー?」

春子が聞き直すと、主任はしばらく沈黙。

「これインク出ねえけど」

なんと無視!!!

買い物

そんな主任の態度に腹を立てるミチコ。ペンをひったくると、変わりに買い物へ行きます。

自分を好きだと言って欲しいわけではないものの、昨日キスした女の子がいる前で、どうしてあんな態度が取れるのか不思議なミチコ。だんだんと悲しくなってきてしまいます。

その頃、お店では春子たちが帰っていきます。帰り際、主任に忠告する春子。

「歩むくん あのねぇ」
「ちゃんと言葉にしてくれないと女の子は困るよ」

「・・・え・・・?」

主任はなんのことか分かりません。

「ミチコちゃんのこと」
「あんまり振り回しちゃだめよ」

もしかして昨日のことをミチコから聞いたのかと思い当たり、主任は大慌て。

そこへミチコが主任のことを考えながら帰ってきます。

(私ねえ)
(主任に恋してるんですよ)
(だから)
(どうか)
(主任も私に恋してください)

夜、昨日のことを春子にバラされたせいか、いつもに増して不機嫌で冷たい主任。訳が分からず混乱しつつも、ミチコ怒ってつっかかっていると、携帯に知らない番号から電話がかかってきます。

「あ 柴田ミチコさんの携帯ですか?」
「○☓警察のものですが」

この前、ミチコが相談していた不審者が捕まったとのこと。キョトンとなるミチコ。家に戻れることになり、主任が車で送って行ってくれることになりますが・・・

(あれ・・・?)
(私もしかしてここ出てかなきゃいけないの・・・?)

車の中でまたケンカをしつつも、淡々と運転する主任。

(引き止めてくんないんだ)
(ふーん)

部屋へ戻り、ベッドへ寝っ転がると寂しさが押し寄せてきます。

(主任のせいだよ)
(もう一人で寢らんないよ)
(責任とってくださいよ)

そこころ、主任もミチコのいなくなったベッドで、ボーッと上を見つめています。

翌日

翌日もバイトが終わり、荷物をまとめて帰っていくミチコ。主任は送っていくと言ってくれるものの、ミチコは不貞腐れたように拒否します。

主任と分かれ歩き出すミチコ。すると、スーツケースに足が取られ、こけそうになってしまいます。すぐに主任がミチコの腕を掴み、なんとかセーフ。

主任の顔を悲しそうに見つめるミチコ。そして、主任の手を振りほどき、また歩き出します。

「柴田」

「なんですか!」

ミチコを後ろから抱きしめる主任。

(え・・・?)
(・・・主任・・・?)